「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



哲学・思想 (380冊)

日本の哲学・思想(現代) (17冊)

  • ヘテロトピア通信
    ヘテロトピア通信
    [著者] 上村忠男  
    ヘテロトピア。文化の内側にあって他の場所を表象すると同時に異議申し立てを行い、ときには転倒させてしまう「異他なる反場所」。どの文化にも安住せず、それぞれの文化がかかえる矛盾を映し出 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07712-1 C1010
    • 2012年7月20日発行
  • 吉本隆明 煉獄の作法
    吉本隆明 煉獄の作法
    [著者] 宇野邦一  
    「長いあいだ敬しながら少し遠ざけ、その人の魂の内側に深くのめりこむようにして読むことを避けていた。逝去の知らせに接してから、しきりに考えつづけている。休火山のように、私のなかで眠り ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 978-4-622-07750-3 C0010
    • 2013年8月19日発行
  • 映像の歴史哲学
    映像の歴史哲学
    [著者] 多木浩二   [編] 今福龍太  
    〈歴史を問い、歴史を批判し、出来事の歴史を乗り越えたところにある深層の「歴史」の断面を、ほとんど神話化された歴史の形象を、その日常への不意の顕れを、ひたすら凝視すること。表象やイメ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07754-1 C0010
    • 2013年6月25日発行
  • 翼ある夜 ツェランとキーファー
    翼ある夜 ツェランとキーファー
    [著者] 関口裕昭  
    鳥は生命の赤さをもつ羽根の上に雪片をのせて運び、 氷の粒子を嘴にくわえて、夏を通りぬけてやって来る。 ――パウル・ツェラン これは無限に小さいものへの言及であり、われわれの知覚能力の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/392頁
    • 定価 6,380円(本体5,800円)
    • ISBN 978-4-622-07841-8 C1098
    • 2015年11月2日発行
  • 誕生のインファンティア
    誕生のインファンティア生まれてきた不思議、死んでゆく不思議、生まれてこなかった不思議
    [著者] 西平直  
    子どもの頃、死んだらどうなると思っていたか。誰かに聞いてみたか。子どもたちにはわかるのか。大人の理解とどう違うか。子どもより大人のほうが、よりわかっているのか―― 死をはじめて意識 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 3,960円(本体3,600円)
    • ISBN 978-4-622-07878-4 C1012
    • 2015年4月22日発行
  • グローバリゼーションと惑星的想像力
    グローバリゼーションと惑星的想像力恐怖と癒しの修辞学
    [著者] 下河辺美知子  
    今日の世界を駆け巡っている二つの言葉についての考察が、本書の主要なテーマである。一つは「グローバリゼーション」であり、もう一つは「テロ」である。 著者はこの二つの問題に接近するため ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07879-1 C1010
    • 2015年3月16日発行
  • ヘンリー・ソロー 野生の学舎
    ヘンリー・ソロー 野生の学舎
    [著者] 今福龍太  
    〈私は、けたたましい声で笑うアビやウォールデン湖そのものとおなじように、少しもさびしくはない。ほう、あんな孤独な湖にどんな仲間がいるのかね? ところが、あの群青の湖水のなかには、青 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07978-1 C1010
    • 2016年7月12日発行
  • 戦争文化と愛国心
    戦争文化と愛国心非戦を考える
    [著者] 海老坂武  
    「大東亜戦争」の始まりを国民学校一年生で迎え、「皇国の少国民」であることが最初のアイデンティティだった…… 教科書に歴史物語、軍歌。家庭では新聞や雑誌、ラジオを通じて、戦争の言葉を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-08518-8 C0095
    • 2018年3月15日発行
  • 土方巽
    土方巽衰弱体の思想
    [著者] 宇野邦一  
    「私たちの世界で〈器官なき身体〉という問題提起的な概念に土方ほどふさわしい実践と思考と生き方をした人はさしあたって見当たらない。しかもダンスという身体の芸術にとってこそ〈器官なき身 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/264頁
    • 定価 5,720円(本体5,200円)
    • ISBN 978-4-622-08568-3 C1074
    • 2017年2月10日発行
  • 廣松渉の思想
    廣松渉の思想内在のダイナミズム
    [著者] 渡辺恭彦  
    〈われわれは所与の世界に投げ込まれ、生を紡ぐ。近代社会に生きるわれわれの認識は、物象化によって染め上げられている。そのなかで個々の主体は、いかにして物象化された意識を取り払い、内在 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/408頁
    • 定価 6,380円(本体5,800円)
    • ISBN 978-4-622-08681-9 C1010
    • 2018年2月1日発行