「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



社会ノンフィクション (122冊)

環境問題 (9冊)

海外事情 (21冊)

  • ディナモ・フットボール
    ディナモ・フットボール国家権力とロシア・東欧のサッカー
    [著者] 宇都宮徹壱  
    サッカーの歴史を振り返ると、旧ソヴィエト圏、東欧、旧東ドイツには、頭に「ディナモ」とつく名門クラブ・チームが存在する。これはいったい何を意味するのか? 著者が取材を進める中で明らかに ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-03389-5 C0075
    • 2002年4月12日発行
  • カルト教団 太陽寺院事件
    カルト教団 太陽寺院事件
    [著者] 辻由美  
    1994年以来、スイス、カナダ、フランを舞台に世界を震撼させた、太陽寺院集団死事件の真相と歴史文化的背景に、日本エッセイスト・クラブ賞著者が挑んだ。 地下鉄サリン事件をきっかけに、独自 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-03665-7 C0036
    • 1998年5月20日発行
  • アウンサンスーチー演説集
    みすずライブラリー
    アウンサンスーチー演説集
    [著者] アウンサンスーチー   [訳者] 伊野憲治  
    アジアの女性として初めてノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー。彼女は、ミャンマーの民衆に何を語り、訴えかけたのだろう。本書からは、その生の声が聞こえてくる。〈人は権力によって ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-05001-3 C0331
    • 1996年9月19日発行
  • なぜ戦争は終わらないか
    なぜ戦争は終わらないかユーゴ問題で民族・紛争・国際政治を考える
    [著者] 千田善  
    21世紀に入ったが、世界は平和になったとは言えない。近い将来に戦争が起きる危険が世界のあちこちにある。戦争や紛争を防ぐためには何をしなければならないかを追究するとき、ボスニアやコソボ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07014-6 C1031
    • 2002年11月1日発行
  • アフガニスタン
    アフガニスタン国連和平活動と地域紛争
    [著者] 川端清隆  
    「われわれの眼に映るアフガニスタンは、決して美しくない。侵略や内政干渉、果てることのない内戦、過激な宗教運動と国際テロの跳梁、おびただしい数の難民、女性差別など目に余る人権侵害―― ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07015-4 C1031
    • 2002年11月25日発行
  • 処刑電流
    処刑電流エジソン、電流戦争と電気椅子の発明
    [著者] リチャード・モラン   [訳者] 岩舘葉子  
    電気椅子というものの存在を初めて知ったとき、「なぜよりによってそんな奇怪な方法で?」という疑問と不気味さを誰しも感じないだろうか。じつは電気椅子は、19世紀末の電力市場における直流と ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07104-5 C0040
    • 2004年9月17日発行
  • 国境なき平和に
    国境なき平和に
    [著者] 最上敏樹  
    〈湾岸戦争この方、バブルのようにくり広げられてきた「正義」の横行を、一度見直すベき時が来たのではないか。肥大した正義は問題の解決にならない。しかもその正義が第三者の判定を受けないな ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-07184-3 C0031
    • 2006年1月10日発行
  • ヒマラヤにかける橋
    ヒマラヤにかける橋
    [著者] 根深誠  
    ネパール西北部、チベットとの国境にほど近い標高4300mのツァルカ村。近傍の街から最短でも5日のキャラバンを要する、「桃源郷」と呼ばれた半農半牧の村だ。著者はここに、政府やNGOの組織に頼 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-07284-3 C0095
    • 2007年4月2日発行