「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (596冊)

評論・批評 (142冊)

  • スタジアムの神と悪魔
    スタジアムの神と悪魔サッカー外伝
    [著者] エドゥアルド・ガレアーノ   [訳者] 飯島みどり  
    ある日、風の女神が男の足に接吻する――ラテンアメリカ直送、奇跡の空間に捧げる151話。 教会のない村はあっても、サッカー場のないところはない。 試合のない日曜には、退屈のあまり死人が出 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 2,376円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-03380-1 C0075
    • 1998年4月24日発行
  • 嵐の中のアルジェリア
    嵐の中のアルジェリア
    [著者] フアン・ゴイティソーロ   [訳者] 山道佳子  
    アルジェリアという国の名から、私たちは何を思い浮かべるだろうか。ひとつは「革命の星」「第三世界の盟主」という希望に満ちたイメージであり、近年では流血の惨事のイメージである。両者を隔 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/136頁
    • 定価 2,484円(本体2,300円)
    • ISBN 4-622-03382-8 C0036
    • 1999年8月5日発行
  • シュルレアリスムという伝説
    シュルレアリスムという伝説
    [著者] 飯島耕一  
    「シュルレアリスムについて、マルクス兄弟やバスター・キートンを語るようにして語れないものであろうか。瀧口修造も実によく笑う人であった。『滑稽なんですよ、実にふるってるんですよ』と言 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04238-X C1070
    • 1992年6月22日発行
  • ベケットとヴァン・ヴェルデ
    ベケットとヴァン・ヴェルデ
    [著者] シャルル・ジュリエ   [訳者] 吉田加南子   [訳者] 鈴木理江子  
    作家・戯曲家あるいは言語芸術家サミュエル・ベケットと画家ブラン・ヴァン・ヴェルデ。年齢も近いこの二人は無名時代から唯一無二の友情によって結ばれていた。それだけではない。沈黙の極みか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-04253-3 C1098
    • 1996年12月3日発行
  • ちいさなカフカ
    ちいさなカフカ
    [著者] 池内紀  
    歴史の不条理や官僚制を告発する、きわめて深刻・まじめなカフカ――この定番のカフカ像を手放すと、どんな新しいカフカが立ち現 ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ118mm/160頁
    • 定価 2,160円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-04510-9 C0095
    • 2000年1月7日発行
  • 英国ルネサンスの女たち
    英国ルネサンスの女たちシェイクスピア時代における逸脱と挑戦
    [著者] 楠明子  
    16世紀中頃から約一世紀にわたる英国ルネサンスは、強力な父権制社会であった。女性は結婚前は父親、結婚後は夫に「従順」に従う義務があり、当時の女性に求められた美徳は、「貞節・寡黙・従順 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/392頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-04514-1 C3098
    • 1999年12月3日発行
  • 性のアナーキー
    性のアナーキー世紀末のジェンダーと文化
    [著者] エレイン・ショウォールター   [訳者] 富山太佳夫   [訳者] 永富久美   [訳者] 上野直子   [訳者] 坂梨健史郎  
    「本書は、19世紀の末とこの世紀末の特徴となっている性の危機と黙示録にかかわる神話、隠喩、イメージの研究であり、それが英米の文学、美術、映画にいかに表象されたかの研究である」。 小説 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 4-622-04518-4 C3098
    • 2000年5月25日発行
  • 創造の瞬間
    創造の瞬間リルケとプルースト
    [著者] 塚越敏  
    「今世紀の初頭、ヨーロッパ文芸の一部に変革が起きた。といってシュルレアリスムや表現主義といった文芸運動のことを指しているのではない。美意識による美的再現(模倣・描写)芸術の他に、事 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 3,132円(本体2,900円)
    • ISBN 4-622-04519-2 C1098
    • 2000年5月25日発行
  • 物語作家の技法
    物語作家の技法よみがえる子供時代
    [著者] フェルナンド・サバテール   [訳者] 渡辺洋   [訳者] 橋本尚江  
    なじみ深い物語とその作家たち、少年期の読書に欠かせない名前が、ここには勢ぞろいしている。スティーヴンソン「宝島」、ジュール・ヴェルヌ「地底旅行」「海底二万マイル」、コナン・ドイル「 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-04548-6 C1098
    • 1992年5月21日発行
  • ウルフの部屋
    ウルフの部屋
    [著者] 宮田恭子  
    『燈台へ』『ダロウェイ夫人』『波』な20世紀を代表する傑作はいかにして生まれたのか? ヴァージニア・ウルフの心奥につきまとい、その精神に強い影響を与えたものは何か? また、彼女の虹のよう ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-04549-4 C1098
    • 1992年2月13日発行