「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (606冊)

外国文学・詩 (233冊)

  • ピサ詩篇
    ピサ詩篇
    [著者] エズラ・パウンド   [訳者] 新倉俊一  
    『荒地』の刊行によって現代詩に一つのエポックをつくったエリオットは、その詩集において、「より巧みなる詩人に」という「献辞」をパウンドに捧げている。しかし、パウンドが世に出したエリオ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/264頁
    • 定価 5,720円(本体5,200円)
    • ISBN 4-622-07099-5 C1098
    • 2004年7月15日発行
  • 聞け! 風が
    聞け! 風が
    [著者] アン・モロー・リンドバーグ   [訳者] 中村妙子  
    『翼よ、北に』に続く、アン・モロー・リンドバーグの第二作。 1933年、リンドバーグ夫妻は、アメリカとヨーロッパを結ぶ航空路開拓の調査飛行に出発した。帰路最大の難関は、水上機でアフリカ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07108-8 C0098
    • 2004年11月18日発行
  • 灰色の魂
    灰色の魂
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    2003年から2004年にかけてフランス文学界に〈事件〉を巻き起こしたベストセラー小説。舞台は第一次大戦下の小さな町。冬の運河に浮かんだ10歳の美少女の死体から始まる「私」の物語は、あるいは ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,420円(本体2,200円)
    • ISBN 4-622-07114-2 C0097
    • 2004年10月20日発行
  • いつか月曜日に、きっと
    いつか月曜日に、きっと
    [著者] ナディン・ゴーディマ   [訳者] 福島富士男  
    時代の熱風が吹き荒れた南アフリカの1950-80年代。本書の作品群は、その緊張と切迫感のなかで生まれた。子ども時代と作家としての成長を語る自伝的エッセイ、コンゴ河をさかのぼり、あるいはボ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07139-8 C0097
    • 2005年4月6日発行
  • 小さな王子さま
    小さな王子さま
    [著者] アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ   [訳者] 山崎庸一郎  
    「わたしはどこの者か? わたしは子ども時代の者だ」――『夜間飛行』『人間の大地』などの作品で国内外で高い評価を受けた、サン=テグジュペリ。彼が唯一、子どもたちに向けて書いたのが『小さ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/128頁
    • 定価 2,200円(本体2,000円)
    • ISBN 4-622-07158-4 C0097
    • 2005年8月23日発行
  • リンさんの小さな子
    リンさんの小さな子
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    戦禍の故国を遠く離れて、異国の港町に難民としてたどり着いた老人リンさんは、鞄一つをもち、生後まもない赤ん坊を抱いていた。まったく言葉の通じないこの町の公園で、リンさんが知り合ったの ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
    • 定価 1,980円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-07164-9 C0097
    • 2005年9月16日発行
  • 家畜
    文学シリーズ lettres
    家畜
    [著者] フランシス・キング   [訳者] 横島昇  
    「彼らは狼を犬にし、さらに人間そのものを、人間の最良の家畜にしたのだ」(ニーチェ)。 英国の作家でゲイのトムソンはイタリア人哲学者アントニオに一目惚れし、彼を自宅に下宿させる。しか ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 3,300円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-07212-2 C0097
    • 2006年4月6日発行
  • 秋の四重奏
    文学シリーズ lettres
    秋の四重奏
    [著者] バーバラ・ピム   [訳者] 小野寺健  
    ロンドン、全員ひとり暮らしの男女が四人。共に、同じ会社に勤め、定年間近の年齢である。まず女性二人が退職する。そのうち、マーシャがやがて亡くなり、レティは老後の生活になんとか順応しよ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07216-5 C0097
    • 2006年5月23日発行
  • ピエールとリュース【新装版】
    ピエールとリュース【新装版】
    [著者] ロマン・ロラン   [訳者] 宮本正清  
    「次の停留所では、大混雑だった。すでに満員の車内へ人々は叫びながら殺到した。ピエールは人の波にもまれ、押しやられたのに気づいた。円天井の上には、町の上には、上空には、鈍い爆音。列車 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/128頁
    • 定価 1,760円(本体1,600円)
    • ISBN 4-622-07223-8 C0097
    • 2006年5月22日発行
  • マグヌス
    マグヌス
    [著者] シルヴィー・ジェルマン   [訳者] 辻由美  
    マグヌスは、ぬいぐるみのクマの名前。五歳で記憶喪失におちいった男の子は、このクマを肌身離さず持っていた。ナチス党員の父親は、敗戦後も逃げのびて、単身メキシコへ逃亡、自殺を遂げる。そ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 2,860円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-07255-6 C0097
    • 2006年11月10日発行