「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (606冊)

外国文学・詩 (233冊)

  • 子どもたちのいない世界
    子どもたちのいない世界
    [著者] フィリップ・クローデル   [訳者] 高橋啓  
    「いずれは大人になる子どもたちのために。そして、かつて子どもたちだった大人たちのために」。最近の子どもたちはお話を鵜呑みにしたりしないが、それでもやっぱり子どもは子ども、かれらなり ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-07257-2 C0097
    • 2006年11月20日発行
  • 辞書、この終わりなき書物
    辞書、この終わりなき書物
    [著者] 三宅徳嘉  
    著者はフランス語とフランス文明の研究に一生をささげた。とくに辞書の編集に心血を注いだ。第二次大戦後、10年の共同作業によって完成した『スタンダード仏和辞典』は「超良心的な業績」(大橋 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 9,350円(本体8,500円)
    • ISBN 4-622-07267-X C1085
    • 2006年12月8日発行
  • 別離のとき
    別離のとき
    [著者] ロジェ・グルニエ   [訳者] 山田稔  
    1997年、傑作短編集『フラゴナールの婚約者』で日本の読書界に現れたグルニエは、幻滅の専門家、陽気なペシミスト、挫折の小説家と呼ばれる。この87歳の現役作家による最新短編集。 戦時下の恋 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/184頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07279-9 C0097
    • 2007年2月5日発行
  • 囚人のジレンマ
    囚人のジレンマ
    [著者] リチャード・パワーズ   [訳者] 柴田元幸   [訳者] 前山佳朱彦  
    ホブソン家の家族たちは、いま大きな困難に向き合っていた。家長である元・歴史教師のエディ・ホブソンが抱え込んできた謎の病気が、いよいよ彼の生命を脅かす深刻な様相を帯びつつあったからだ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/432頁
    • 定価 3,520円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07296-6 C0097
    • 2007年5月23日発行
  • ブーヴィエの世界
    ブーヴィエの世界
    [著者] ニコラ・ブーヴィエ   [訳者] 高橋啓  
    「旅の終わりは/すかんぴん/まったくのすかんぴんがいい」 1953年、20歳を過ぎたばかりのニコラ・ブーヴィエは、ちっぽけなフィアットで旅に出た。ベオグラードで画家ティエリーと落ち合い、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07298-0 C0097
    • 2007年6月1日発行
  • 野生の樹木園
    野生の樹木園
    [著者] マーリオ・リゴーニ・ステルン   [訳者] 志村啓子  
    カラマツ、オーク、サクラ、ブナ、イチイ……こうして目次を眺めていると幸田文の『木』が思い浮かんでくる。女性の優しさに対して男性の剛さ、日本に対して西欧という違いはあれど、『野生の樹 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-07300-0 C0097
    • 2007年6月8日発行
  • 砂の城【新版】
    砂の城【新版】
    [著者] メアリ・ラヴィン   [訳者] 中村妙子  
    〈彼女はわたしにロシアの小説家を思わせる……人間の心の内奥への深い洞察と、田園の美しさに対する生き生きとした感受性において、メアリ・ラヴィンの作品は、かの国の生んだ作家たちのそれと ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07305-5 C0097
    • 2007年5月18日発行
  • 五月の霜
    文学シリーズ lettres
    五月の霜
    [著者] アントニア・ホワイト   [訳者] 北條文緒  
    主人公のナンダ・グレイはカトリックの寄宿女学校に入学し、宗教の厳格な規律に則った生活、信仰と自我、友人関係、階級の問題など、さまざまな問題に悩みながら、大人の世界に近づいてゆく。し ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-07330-7 C0097
    • 2007年10月10日発行
  • ラヴェル
    ラヴェル
    [著者] ジャン・エシュノーズ   [訳者] 関口涼子  
    「ラヴェルの身長は競馬騎手くらい、つまりフォークナーくらい低かった。一九一四年、やせっぽちのくせに軍隊に志願したいと思い、まさに体重が少ないということこそが空軍に徴募されるに理想的 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/128頁
    • 定価 2,420円(本体2,200円)
    • ISBN 978-4-622-07332-1 C0097
    • 2007年10月19日発行
  • ガヴァネス
    ガヴァネスヴィクトリア時代の〈余った女〉たち
    [著者] 川本静子  
    女性の使命は結婚して家庭に入り「良妻賢母」として有閑生活を送ることだと考えられていた、19世紀英国の中産階級社会。しかし、1840年代頃から成人男性の海外移住や晩婚化が進み、大量の未婚女 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 3,850円(本体3,500円)
    • ISBN 978-4-622-07335-2 C1098
    • 2007年11月19日発行