「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (602冊)

日本文学 (82冊)

  • 飯島耕一・詩と散文 5
    飯島耕一・詩と散文 5
    [著者] 飯島耕一  
    この巻には、詩人の〈現在〉を鮮烈に浮かび上がらせる未刊行詩集『カンシャク玉と雷鳴』を一挙に収録する。 また『冬の幻』は、著者の敬愛するシュルレアリスト詩人・瀧口修造をモデルにした連 ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 3,850円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-04735-7 C1395
    • 2001年6月1日発行
  • 素白先生の散歩
    大人の本棚
    素白先生の散歩
    [著者] 岩本素白   [編・解説] 池内紀  
    「直接おそわったことはないが、その本からいろいろ学んだ。たとえば散歩の楽しさを知った。騎西、牛堀、布佐、向島、大利根、関宿、白子の宿……むろん、散歩だけではない。何よりも静かな文章 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
    • 定価 2,860円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-04821-3 C1395
    • 2001年12月7日発行
  • 日本人の笑い
    大人の本棚
    日本人の笑い
    [著者] 暉崚康隆   [解説] 谷脇理史  
    門口で医者と親子が待っている 正直にお七ははえたと申しあげ 「いかなる時代の文学よりも、江戸文学に笑いの要素がつよいというのは」、それが明朗で、闊達で、あけすけな庶民の文学だからで ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04824-8 C1395
    • 2002年1月22日発行
  • 小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き
    大人の本棚
    小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き
    [著者] 小沼丹   [編] 庄野潤三  
    「小説もいいし、随筆もいいという作家はそんなにいない。先ず浮ぶのは井伏鱒二。その次に、学生のころから井伏さんが好きで師事していた小沼丹がいる」。 「何がそれほど惹きつけるのか。何が ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,860円(本体2,600円)
    • ISBN 4-622-04825-6 C1395
    • 2002年2月22日発行
  • 吉田健一 友と書物と
    大人の本棚
    吉田健一 友と書物と
    [著者] 吉田健一   [編] 清水徹  
    「人間も六十を過ぎるとその年月の間に得たもの、失つたもののことを思ふだけでも過去を振り返り、自分の廻りを見廻すのが一つの自然な営みになり、これは記憶も現在の意識も既に否定も反撥も許 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04829-9 C1395
    • 2002年6月10日発行
  • 江戸俳諧にしひがし
    大人の本棚
    江戸俳諧にしひがし
    [著者] 飯島耕一   [著者] 加藤郁乎  
    「江戸俳諧、と聞いて過去のものと思うのはやめよう。江戸俳諧は今日という時代を泳ぐのに、他に換えがたい同伴者となってくれるだろう。江戸俳諧という滑稽と繊細のシャワーを思いきり浴びてみ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04830-2 C1395
    • 2002年7月10日発行
  • 佐々木邦 心の歴史
    大人の本棚
    佐々木邦 心の歴史
    [著者] 佐々木邦   [編] 外山滋比古  
    主人公は老境にさしかかった元政治家。敗戦後の追放令に該当して、郷里に帰臥している。悠々自適の日々に英米の自叙伝を読み耽るうち、「私」も食指を動かされる。「独身社長独身代議士」と渾名 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04832-9 C1393
    • 2002年7月24日発行
  • お山の大将
    大人の本棚
    お山の大将
    [著者] 外山滋比古  
    「お山の大将は、鶏口よりも、無鳥の里のコウモリよりもずっと大らかで明るい。いつも青空をあおいでいるような感じである。みんなからなにがしかの敬意を受ける。これがいい気持ちでなければ人 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04833-7 C1395
    • 2002年9月10日発行
  • 本についての詩集
    大人の本棚
    本についての詩集
    [選] 長田弘  
    92人の92篇の詩と断章を、本の世界を語らせては第一級の詩人、長田弘が選び出して編んだアンソロジー。日本では中島敦、金子光晴から松浦寿輝まで、外国ではツェラン、ボルヘスたちが、書物や作 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04834-5 C1392
    • 2002年11月8日発行
  • 吉屋信子 父の果/未知の月日
    大人の本棚
    吉屋信子 父の果/未知の月日
    [著者] 吉屋信子   [編] 吉川豊子  
    吉屋信子といえば、おおかたの人は、『夫の貞操』や『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』あるいは少女小説『花物語』などの作品を思い起こすだろう。たしかに彼女はこうした長篇小説によって、広 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04836-1 C1393
    • 2003年2月5日発行