「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (598冊)

日本文学 (82冊)

  • 吉田健一 友と書物と
    大人の本棚
    吉田健一 友と書物と
    [著者] 吉田健一   [編] 清水徹  
    「人間も六十を過ぎるとその年月の間に得たもの、失つたもののことを思ふだけでも過去を振り返り、自分の廻りを見廻すのが一つの自然な営みになり、これは記憶も現在の意識も既に否定も反撥も許 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/272頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04829-9 C1395
    • 2002年6月10日発行
  • 江戸俳諧にしひがし
    大人の本棚
    江戸俳諧にしひがし
    [著者] 飯島耕一   [著者] 加藤郁乎  
    「江戸俳諧、と聞いて過去のものと思うのはやめよう。江戸俳諧は今日という時代を泳ぐのに、他に換えがたい同伴者となってくれるだろう。江戸俳諧という滑稽と繊細のシャワーを思いきり浴びてみ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04830-2 C1395
    • 2002年7月10日発行
  • 佐々木邦 心の歴史
    大人の本棚
    佐々木邦 心の歴史
    [著者] 佐々木邦   [編] 外山滋比古  
    主人公は老境にさしかかった元政治家。敗戦後の追放令に該当して、郷里に帰臥している。悠々自適の日々に英米の自叙伝を読み耽るうち、「私」も食指を動かされる。「独身社長独身代議士」と渾名 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04832-9 C1393
    • 2002年7月24日発行
  • お山の大将
    大人の本棚
    お山の大将
    [著者] 外山滋比古  
    「お山の大将は、鶏口よりも、無鳥の里のコウモリよりもずっと大らかで明るい。いつも青空をあおいでいるような感じである。みんなからなにがしかの敬意を受ける。これがいい気持ちでなければ人 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04833-7 C1395
    • 2002年9月10日発行
  • 本についての詩集
    大人の本棚
    本についての詩集
    [選] 長田弘  
    92人の92篇の詩と断章を、本の世界を語らせては第一級の詩人、長田弘が選び出して編んだアンソロジー。日本では中島敦、金子光晴から松浦寿輝まで、外国ではツェラン、ボルヘスたちが、書物や作 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04834-5 C1392
    • 2002年11月8日発行
  • 吉屋信子 父の果/未知の月日
    大人の本棚
    吉屋信子 父の果/未知の月日
    [著者] 吉屋信子   [編] 吉川豊子  
    吉屋信子といえば、おおかたの人は、『夫の貞操』や『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』あるいは少女小説『花物語』などの作品を思い起こすだろう。たしかに彼女はこうした長篇小説によって、広 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04836-1 C1393
    • 2003年2月5日発行
  • きまぐれな読書
    大人の本棚
    きまぐれな読書現代イギリス文学の魅力
    [著者] 富士川義之  
    ジョイスと古靴のエピソードやナイチンゲールの歌の変遷から自転車に乗る漱石、最後の文人プリチェットのみごとな書評芸へ、さらに『日の名残り』や『フロベールのおうむ』の本邦初紹介まで。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04837-X C1398
    • 2003年4月23日発行
  • 太宰治 滑稽小説集
    大人の本棚
    太宰治 滑稽小説集
    [著者] 太宰治   [編] 木田元  
    「近ごろでこそあまり耳にしなくなったが、『滑稽文学』『滑稽小説』と呼ばれるジャンルがあって、数多くの傑作がある。敗戦後の数年間、私たちはこの手のものを探し出しては読みあさっていた。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04838-8 C1393
    • 2003年5月9日発行
  • 谷譲次 テキサス無宿/キキ
    大人の本棚
    谷譲次 テキサス無宿/キキ
    [著者] 谷譲次   [編] 出口裕弘  
    丹下左膳の生みの親「林不忘」、婦人読者層を熱狂させた「牧逸馬」、いずれも長谷川海太郎のペンネームだが、今日なお色褪せず読まれるべきは、「新青年」の常連執筆者、のみならずモダニズム文 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04839-6 C1393
    • 2003年6月10日発行
  • 詩人たちの世紀
    大人の本棚
    詩人たちの世紀西脇順三郎とエズラ・パウンド
    [著者] 新倉俊一  
    「20世紀はパウンドの世紀である」と、アメリカの文学評論家ヒュー・ケナーはかつて喝破した。エリオットもジョイスもパウンドの強力な推輓によって世に出たことを思えば、これは十分に首肯でき ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 2,592円(本体2,400円)
    • ISBN 4-622-04840-X C1392
    • 2003年5月22日発行