「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



文学 (603冊)

日本文学 (82冊)

  • 本の中の世界
    大人の本棚
    本の中の世界
    [著者] 湯川秀樹   [解説] 池内了  
    素粒子および核力についての中間子理論によって、日本人として初めてノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹。その幅ひろい読書体験から生まれた随想を集める。 幼い頃、祖父から授けられた中国の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08061-3 C1342
    • 2005年9月9日発行
  • ガンビア滞在記
    大人の本棚
    ガンビア滞在記
    [著者] 庄野潤三   [解説] 坂西志保  
    米国オハイオ州ガンビアは人口600人の小さな町。「中部平原が終ってまさに東部アパラチア高地に移ろうとする」あたりに位置する。昭和32年秋から一年間、留学のためこの町で暮らした庄野夫妻の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08062-1 C1395
    • 2005年10月7日発行
  • さみしいネコ
    大人の本棚
    さみしいネコ
    [著者] 早川良一郎   [解説] 池内紀  
    『けむりのゆくえ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受けた早川良一郎、もう一つの名エッセイ集。標題作「さみしいネコ」の書き出しはこうだ。「定年になると孤独になるそうである。本当のことな ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08064-8 C1395
    • 2005年12月19日発行
  • さまざまな愛のかたち
    大人の本棚
    さまざまな愛のかたち
    [著者] 田宮虎彦   [解説] 北上次郎  
    「私たちが人間について知ることの出来たもっとも大切なことは、人間は孤独を超えることが出来るということである。人間に孤独を超えさせるものは何か。私は、それが愛だと思う」 孤独と絶望の ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08066-4 C1393
    • 2006年2月15日発行
  • 明け方のホルン
    大人の本棚
    明け方のホルン西部戦線と英国詩人
    [著者] 草光俊雄  
    「このエッセイを書いていて絶えず想いが行ったのはイギリスという国であり、そこの自然や人々のことであった。戦争や自然という普遍のテーマを詠った詩もその時代やその場所との連想無しには味 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08067-2 C1395
    • 2006年2月22日発行
  • むだ話、薬にまさる
    大人の本棚
    むだ話、薬にまさる
    [著者] 早川良一郎  
    「チョビは、チンチンもお手も、お回りもワンも、おあずけもなんだって出来る。しかし定年退職後、私はそのどれもチョビにさせたことがない。もうおたがいになにか芸をして食べる必要は無いので ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-08072-9 C1395
    • 2006年9月25日発行
  • 白桃
    大人の本棚
    白桃野呂邦暢短篇選
    [著者] 野呂邦暢   [編] 豊田健次  
    1980年に42歳で急逝した長崎・諫早の作家野呂邦暢。文学への確かな意志が込められた揺るぎない文体、目に焼きつくような強靱な表現力は、いまなお読む者に鮮烈な印象を与えてやまない。本書は野 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
    • 定価 3,080円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08089-3 C1395
    • 2011年4月19日発行
  • 別れの手続き
    大人の本棚
    別れの手続き山田稔散文選
    [著者] 山田稔   [解説] 堀江敏幸  
    《山田稔が固有名であると同時に、ひとつの文学ジャンルであることは、もはや疑いようがない。実践者がひとりしかいない、清濁あわせ持ってなお洒脱なこの流派を、仮に「アナル学派」と名付けて ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,860円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-08090-9 C1395
    • 2011年5月10日発行
  • 安楽椅子の釣り師
    大人の本棚
    安楽椅子の釣り師
    [編] 湯川豊  
    釣りという遊びをいかに楽しむか。小説家の名品から、釣り師の随筆、芸術家や冒険家の釣りエッセイまで、各人各様の奥深い感覚を味わえるアンソロジー。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 2,860円(本体2,600円)
    • ISBN 978-4-622-08098-5 C1395
    • 2012年5月22日発行
  • 一葉のポルトレ
    大人の本棚
    一葉のポルトレ
    [解説] 小池昌代  
    「一寸若い叔母さんという感じがありました」(戸川秋骨) 「寂しがっておられるところへ行き合わせたりすると、涙を出さんばかりに喜ばれた」(疋田達子) 1896(明治29)年、25歳で逝った樋 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/192頁
    • 定価 2,640円(本体2,400円)
    • ISBN 978-4-622-08099-2 C1395
    • 2012年6月20日発行