「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



芸術 (247冊)

写真・映画 (43冊)

  • 映画もまた編集である
    映画もまた編集であるウォルター・マーチとの対話
    [著者] マイケル・オンダーチェ   [訳者] 吉田俊太郎  
    「この本には目を開かれた。三度読み返したあと、それ以上は強いて本を置かねばならなかった。影響を受けすぎるのを恐れたからだ。……私も映画や編集については一渉りの知識を持ち合わせてい ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/384頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07607-0 C0074
    • 2011年6月21日発行
  • メカスの難民日記
    メカスの難民日記
    [著者] ジョナス・メカス   [訳者] 飯村昭子  
    故国リトアニアがドイツの占領下にあった第二次大戦末期、反ナチ活動が発覚して著者はナチの強制労働収容所へ送られた。 ドイツが敗北すると、故国はソ連領となる。著者は帰国を断念し、1949年 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/416頁
    • 定価 5,184円(本体4,800円)
    • ISBN 978-4-622-07608-7 C0074
    • 2011年6月21日発行
  • サスペンス映画史
    サスペンス映画史
    [著者] 三浦哲哉  
    「ひとは何を求めて映画を見るのか。自由の幻想を求めてである、という答えが第一にありうるだろう。(…)しかし、それだけではない。自由ではなく不自由の体験を観客に与えようとするフィルム ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,672円(本体3,400円)
    • ISBN 978-4-622-07685-8 C0074
    • 2012年6月20日発行
  • 映画音響論
    映画音響論溝口健二映画を聴く
    [著者] 長門洋平  
    小津、黒澤と並び「日本映画の三大巨匠」の一人に数えられる溝口健二。彼はトーキー黎明期の先駆的試み、新派や同時代の前衛芸術との関わりなど、ジャンル、スタイル、テクノロジーの広い範囲で ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/424頁
    • 定価 7,344円(本体6,800円)
    • ISBN 978-4-622-07809-8 C0074
    • 2014年1月22日発行
  • 荒野のオデュッセイア
    荒野のオデュッセイア西部劇映画論
    [著者] 川本徹  
    「7000本以上もの西部劇のなかで育まれたイメージやレトリックは、いまなおアメリカ社会のなかで看過しえない影響力を誇っている。西部劇の理解を抜きにして、アメリカを十全に理解することはで ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/224頁
    • 定価 4,860円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07816-6 C1074
    • 2014年2月10日発行
  • 写真講義
    写真講義
    [著者] ルイジ・ギッリ   [著者] ジャンニ・チェラーティ   [訳者] 萱野有美  
    〈私の机の前には、ルイジ・ギッリの写真が掛かっている。 私は彼の写真が好きだ。 そして写真と同じくらい、彼が書くものにも心動かされる。 ルイジ・ギッリは最後の、真のイメージの開拓者だ ...
    • A5変型判 タテ200mm×ヨコ150mm/256頁
    • 定価 5,940円(本体5,500円)
    • ISBN 978-4-622-07836-4 C0072
    • 2014年6月25日発行
  • アジェのパリ【新装版】
    アジェのパリ【新装版】
    [著者] 大島洋  
    ウジェーヌ・アジェが写真を撮っていた時から、百年が過ぎている。アジェの撮影した厖大なパリの写真は、「失われゆく都市への哀惜」というような語られ方をされることが多い。しかし、実のとこ ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/240頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 978-4-622-07995-8 C1072
    • 2016年4月8日発行
  • 映画女優 若尾文子【新装版】
    映画女優 若尾文子【新装版】
    [編著] 四方田犬彦   [編著] 斉藤綾子   [著者] 志村三代子  
    「若尾文子は日本映画がもっとも頂点に到達したとき、そのまさに頂点に位置していた女優である。彼女は可憐な女学生を演じ、悪の化身として男たちを破滅させる魔性の女を演じ、そして激情に我を ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/352頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07997-2 C1074
    • 2016年4月8日発行
  • ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学
    理想の教室
    ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学
    [著者] 加藤幹郎  
    事件は無事解決、映画は大団円へ。いや、男は本当に妻を殺害したのでしょうか? 一本の作品を克明に「見る」こと、徹底的に分析することで浮かび上がる二重のミステリ。「ヒッチコック映画は、た ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/160頁
    • 定価 1,404円(本体1,300円)
    • ISBN 4-622-08303-5 C1398
    • 2005年6月9日発行
  • 死ぬことと生きること
    大人の本棚
    死ぬことと生きること
    [著者] 土門拳   [解説] 星野博美  
    「ぼくは、うまくいかなくても撮るし、うまくいっても撮る。一度シャッターを切り始めたら、トコトンまで撮らずにはいられなくなる。」 土門拳、65歳の時の初エッセイ集。「デモ取材と古寺巡礼 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 978-4-622-08502-7 C1372
    • 2012年12月10日発行