「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



近刊情報



近刊書籍の刊行予定を、発行日順に掲載しています。なお、ここに記載する内容は変更することがございます。

小社の新刊の紹介は新聞や雑誌のほか、年4回発行のタブロイド判出版情報紙「パブリッシャーズ・レビュー みすず書房の本棚」(無料)でもごらんになれます。送付をご希望の方は、「目録請求」フォームからお申し込みください(または小社刊行書に挟み込まれた愛読者カードでもお申し込みになれます)。

  • 2020年4月10日発行予定
    もうダメかも

    この本を予約する

    もうダメかも
    死ぬ確率の統計学
    [著者] マイケル・ブラストランド   [著者] デイヴィッド・シュピーゲルハルター   [訳者] 松井信彦  
    「数字は重大だ、とりわけリスクに直面したときには。本書は、ある死に至る病を治す特効薬だ。その病の名は〈数字音痴〉という」 ポール・スロヴィック(オレゴ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/408頁
    • 定価 (本体3,600円+税)
    • ISBN 978-4-622-08888-2 C0033
  • 2020年4月10日発行予定
    人体は流転する

    この本を予約する

    人体は流転する
    医学書が説明しきれないからだの変化
    [著者] ギャヴィン・フランシス   [訳者] 鎌田彷月   [監修] 原井宏明  
    〈生きていることは、終わりのない身体変容のただなかにいることだ。成長し回復しながら、適応し老化しながら、わたしたちのからだはどうしてもかたちを変えてゆ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
    • 定価 (本体3,400円+税)
    • ISBN 978-4-622-08890-5 C0040
  • 2020年4月10日発行予定
    刃物たるべく

    この本を予約する

    刃物たるべく
    職人の昭和
    [著者] 土田昇  
    焦土と化した国のあちこちに再び槌音が響く。戦時下には軍刀作りを余儀なくされた道具鍛冶たちも、鑿や鉋を作りはじめる。誠実な職人仕事によって、それぞれの小 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
    • 定価 (本体4,500円+税)
    • ISBN 978-4-622-08892-9 C0072
  • 2020年4月16日発行予定
    美しい痕跡
    美しい痕跡
    手書きへの讃歌
    [著者] フランチェスカ・ビアゼットン   [訳者] 萱野有美  
    イタリアを代表するカリグラファーが、今日、文字を手で書くことの醍醐味を綴る。書くことは考えること、筆跡は顔、商売道具etc.
    • A5変型判 タテ210mm×ヨコ137mm/208頁
    • 定価 (本体3,400円+税)
    • ISBN 978-4-622-08882-0 C0070
  • 2020年4月20日発行予定
    建築の東京
    建築の東京
    [著者] 五十嵐太郎  
    オリンピックを前に東京はどのような変化をとげてきたのか。近過去の建築=景観遺産、丹下健三・岡本太郎以後の「東京計画」を検証。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 (本体3,000円+税)
    • ISBN 978-4-622-08895-0 C0052
  • 2020年5月1日発行予定
    自然
    自然
    コレージュ・ド・フランス講義ノート
    [著者] モーリス・メルロ=ポンティ   [訳者] 松葉祥一   [訳者] 加國尚志  
    自然の概念を主題とした数年間の講義ノートを集成。『知覚の現象学』以後、最晩年の肉の存在論にいたる著者の思考の歩みを伝える。
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/528頁
    • 定価 (本体8,400円+税)
    • ISBN 978-4-622-08891-2 C1010
  • 2020年5月1日発行予定
    ランスへの帰郷
    ランスへの帰郷
    [著者] ディディエ・エリボン   [訳者] 塚原史   [解説] 三島憲一  
    労働者階級出身のゲイとして差別に苦しんだ知識人の自伝。階級社会、右傾化、執拗な性規範、左翼知識人の空疎を描いたベストセラー。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
    • 定価 (本体3,800円+税)
    • ISBN 978-4-622-08897-4 C1010
  • 2020年5月1日発行予定
    学問としての翻訳
    学問としての翻訳
    『季刊翻訳』『翻訳の世界』とその時代
    [著者] 佐藤=ロスベアグ・ナナ  
    忘れられた革新的研究誌『季刊翻訳』、次いで思想界にひときわ輝きを放った『翻訳の世界』を追ってポストモダンの知的地層を再発見。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 (本体4,500円+税)
    • ISBN 978-4-622-08899-8 C1080
  • 2020年5月1日発行予定
    誰も気づかなかった
    誰も気づかなかった
    [著者] 長田弘  
    詩人没後五年を機に、遺された断章群と散文詩五篇を初めて刊行。人生哲学がリズムある簡明な言葉でつたわる小さな本。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/88頁
    • 定価 (本体1,800円+税)
    • ISBN 978-4-622-08912-4 C0092
  • 2020年5月11日発行予定
    治したくない
    治したくない
    ひがし町診療所の日々
    [著者] 斉藤道雄  
    「治したくない」医師と「治りませんように」と願う当事者たちが織りなす浦河の四季。べてるの家の、さらにその先へ歩き出す。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
    • 定価 (本体2,200円+税)
    • ISBN 978-4-622-08900-1 C0047
  • 2020年5月18日発行予定
    牛疫
    牛疫
    兵器化され、根絶されたウイルス
    [著者] アマンダ・ケイ・マクヴェティ   [訳者] 山内一也   [協力] 城山英明  
    そのウイルスを制御する力を得たとき、ある人々は根絶を夢想し連帯を訴え、ある人々はそれを兵器に変えた。紆余曲折の歴史をたどる。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 (本体4,000円+税)
    • ISBN 978-4-622-08887-5 C0022
  • 2020年5月18日発行予定
    ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦(仮)
    ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦(仮)
    [著者] ポール・タフ   [訳者] 高山真由美  
    「我々が想像する社会政策を超えた感動的なストーリー」(GQ誌)。データと認知力に焦点をあて、子供の成功を長期的に支えるNGOを紹介。
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 (本体4,500円+税)
    • ISBN 978-4-622-08898-1 C0037
  • 2020年5月31日発行予定
    アウシュヴィッツ潜入記
    アウシュヴィッツ潜入記
    収容者番号4859
    [著者] ヴィトールド・ピレツキ   [訳者] 杉浦茂樹  
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/464頁
    • 定価 (本体4,500円+税)
    • ISBN 978-4-622-08830-1 C0022