「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



丸山眞男書簡集

[全5巻]

戦後日本を代表する知識人が宛てた百数十人、千通近くの書簡(1940-1996)を、ここに公刊。家永三郎、木下順二、萩原延壽宛の膨大な書簡から無名の市民への一通まで。それぞれの状況下で丸山が世に伝えようとしたことの全貌を刻む。

丸山眞男(まるやま・まさお)

1914年大阪に生まれる。1937年東京大学法学部卒業。1940年助教授、1950年教授。1961-62年ハーバード大学特別客員教授。1962-63年オックスフォード・セント・アントニーズ・カレッジ客員教授。1971年退官。1975-76年プリンストン高等学術研究所員。1996年8月15日没。主要著作『政治の世界』(1952)『日本政治思想史研究』(1952)共編『政治学事典』(1954)『日本の思想』(1961)『増補版 現代政治の思想と行動』(1964)『戦中と戦後の間』(1976)『「文明論之概略」を読む』(1986)『忠誠と反逆』(1992)『丸山眞男集』全16巻・別巻1(1995-97)『丸山眞男講義録』全7巻(1998-2000)『自己内対話』(1998)。1996年歿。

■提供された書簡約千通を年代順に編集。書簡を通じて丸山の思索を追いながら、「戦後とは何か」を知ることができる
■宛先人履歴や補注・年譜を付し、理解を助ける
■編集協力 飯田泰三・小尾俊人・川口重雄
■四六判上製カバー装
■各巻平均300ページ



丸山眞男書簡集

  • 丸山眞男書簡集 1
    丸山眞男書簡集 11940-1973
    [著者] 丸山眞男  
    〈福沢のいわゆる「何ぞ事物を信ずるの軽々にして、亦之を疑ふの早急なる」という評論家の体質は一向にかわりませんね。それに、あるトピックについて熱風のように一つの方向性をもった(反動的 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
    • 定価 3,456円(本体3,200円)
    • ISBN 4-622-08101-6 C1331
    • 2003年11月20日発行
  • 丸山眞男書簡集 2
    丸山眞男書簡集 21974-1979
    [著者] 丸山眞男  
    〈こちらではいわゆる日本学専攻の学者とのつき合いはなるべく避けていますが、自民党といわゆる「極左」とを峻別し、何でお前達はもっと政府与党に影響力を行使しないのか、などと僕などを「批 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08102-4 C1331
    • 2004年1月23日発行
  • 丸山眞男書簡集 3
    丸山眞男書簡集 31980-1986
    [著者] 丸山眞男  
    〈シャモーニさんのLessing日本訳についての「論争」大へん面白く読みました。私には、Lessingを論ずる資格はまったくありませんが、翻訳のなかにふくまれる「文化接触」のケースとして、きわめ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08103-2 C1331
    • 2004年3月23日発行
  • 丸山眞男書簡集 4
    丸山眞男書簡集 41987-1991
    [著者] 丸山眞男  
    「〈自粛〉ムードの全体主義にはあ然とするほかありませんが、若い世代の無関心派に身近な問題としてつきつけた、という逆説的な効果があったのではないか、と思います」(家永三郎宛1988年10月 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/384頁
    • 定価 3,780円(本体3,500円)
    • ISBN 4-622-08104-0 C1331
    • 2004年6月10日発行
  • 丸山眞男書簡集 5
    丸山眞男書簡集 51992-1996・補遺
    [著者] 丸山眞男  
    〈こういう個人的な問題をここでくだくだ申し上げたのは、こういう状況の下にある私にも、小田さんのために、また阪神の罹災者のために、何かできることがないだろうか、という思いからです。も ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/456頁
    • 定価 4,104円(本体3,800円)
    • ISBN 4-622-08105-9 C1331
    • 2004年9月1日発行