「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



モダン・デザインの展開<品切>

モリスからグロピウスまで

PIONEERS OF MODERN DESIGN

FROM WILLIAM MORRIS TO WALTER GROPIUS


モリスからグロピウスまでモダン・デザインの発展の跡を、建築と絵画、工芸、文芸、社会的背景等の広い視野からたどる、建築史の新古典。図版136点


目次


初版への序
第二版への序

1 モリスからグロピウスまでの芸術論
スコットの苦悶/モリス/アーツ・アンド・クラフツの人々/サリヴァンとヴォイジー/ヴァン・デ・ヴェルデ/アドルフ・ロース/ライト/ムテジウスとリヒトヴァルク/ドイッチェ・ヴェルクブント/グロピウスとバウハウス

2 1851年からモリスとアーツ・アンド・クラフツまで
1851年の英国大博覧会/産業革命/モリスの芸術/アーツ・アンド・クラフツ/フィリップ・ウェッブ/ノーマン・ショー/リチャードスンとホワイト

3 絵画における1890年
ルノアールとセザンヌ/ゴッホ/ゴーガン/スーラー/ルソー/アンソール/クノップフとトーロップ/ホドラーとムンク

4 アール・ヌーヴォー
絵画におけるアール・ヌーヴォー/サリヴァン/ホルタ/ヴァン・デ・ヴェルデ/アール・ヌーヴォーの工芸/雑誌と展覧会

5 19世紀の工学技術と建築
初期の鉄骨建築/鉄橋/鉄骨建築の発達/水晶宮/1889年パリ博の機械館とエッフェル塔/摩天楼とシカゴ派/コンクリートの発展

6 1890年から1914年までの英国
工芸の進展/マックマルドー/ヴォイジー/タウンゼンド/マキントッシュ/英国の凋落/都市計画

7  1914年までの近代運動
ペレー/ギャルニエ/ライト/エンデル/オルブリッヒ/ホフマン/ロース/ベーレンス/ミース・ファン・デア・ローエ/グロピウス

原註
訳注
あとがき
索引


著訳者略歴

ニコラス・ペヴスナー
Nikolaus Pevsner

1902年に生まれる。ドイツで美術史および建築史を学びドレスデン美術館に勤務の後、ゲッチンゲン大学の講師となり、とくに英国の美術史を専門とする。渡英後はケンブリッジ大学の美術史担当の教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
白石博三
しらいし・ひろぞう

1915年神戸に生まれる。1937年京都大学工学部建築学科卒業。建築学専攻。南満州工専教授。京都高等工芸学校教授。京都工芸繊維大学工芸学部教授を歴任。京都工芸繊維大学名誉教授。工学博士。2003年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「モダン・デザインの展開」の画像:

モダン・デザインの展開

「モダン・デザインの展開」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/192頁
定価 4,644円(本体4,300円)
ISBN 4-622-01503-X C3050
1957年6月30日発行
<ただいま品切です>