「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



量子力学 I【第2版】


本書は、朝永教授みずから第1版に綿密な検討を加え、多くの改訂・増補がなされたものである。「量子力学の発展の真の精神を把握するのに驚嘆に値するほど成功しており、……量子力学を学ぶ学生すべてに推薦できる」(ウーレンベックの英語版に対する書評)ものとして、世界で広く認められている。著者は、量子力学が形成される過程で、いろいろなタイプの物理学者が、それぞれの思考方法を用いて、自然が提示する謎を解いていく道筋を、いわば追体験することを重視し、これが最も勉強になるのだとして、その例を豊富に示している。

第1巻の本書は、プランクとアインシュタインの量子論の出発点から、ラザフォードの原子核の発見とボーアの原子構造論、対応原理を経てハイゼンベルクのマトリックス力学にいたる道筋が巧みに描かれている。歴史的な形をとって記述が進められているにかかわらず、けっしていわゆる科学史によっているのではなく、多くの天才の考え方の秘密を明らかにするために素材を自己流に再編した、と著者は述べている。それはまた、科学史というもののあり方についての、清新な示唆ともなっている。



著訳者略歴

朝永振一郎
ともなが・しんいちろう

1906年、東京に生まれる。1929年、京都大学理学部物理学科卒業。東京教育大学教授、同大学学長を歴任。1965年度ノーベル物理学賞受賞。東京教育大学名誉教授。1979年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「量子力学 I【第2版】」の画像:

量子力学 I【第2版】

「量子力学 I【第2版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/312頁
定価 3,780円(本体3,500円)
ISBN 4-622-02551-5 C3042
1952年5月6日発行

この本を購入する