「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フロイト 2<品切>

FREUD

A LIFE FOR OUR TIME


未曾有の世界大戦という経験から掴み出されてきた「死の本能」。その概念は、大きな論争を引き起こし、さらには今まで営々として築きあげられてきた精神分析の理論そのものにも根本的な変更を要求するものだった。それを契機に、フロイトは果敢にも自らの学を拡大し、深化させる方向にむかった。ここに精神分析の新たな体系が完成することになったのである。そしてそれは同時にまた、フロイトの眼前に、文明や宗教といったものの起源をあざやかに蘇らせることにもなったのである……。

精神分析という学の完成、それにともなうさまざまな軋轢と、親密だった弟子たちの相次ぐ離反。さらには身近な者たちに降りかかる理不尽な死。時代の流れに立ち向かい、さらには自らの「死」さえも自由のなかに選び取ったフロイトの後半生を見事に描き切った決定版伝記、待望の完結編。本書完成にあたって著者ピーター・ゲイは述懐している、「自分の人生でこれ以外のことは何もしてこなかったのではないか」、と。全2巻



著訳者略歴

ピーター・ゲイ
Peter Gay

1923年ベルリンでユダヤ人の家庭に生まれる。1939年に両親とともにキューバ行きの最後の船に乗り、ヒトラーの第三帝国から逃れる。1941年にアメリカヘ渡り、1946年に市民権を得る。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鈴木晶
すずき・しょう

1952年東京に生まれる。東京大学文学部ロシア文学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程満期修了。現在法政大学国際文化学部教授。専攻は精神分析思想、身体表現論。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「フロイト 2」の画像:

フロイト 2

「フロイト 2」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/536頁
定価 8,208円(本体7,600円)
ISBN 4-622-03189-2 C0011
2004年8月25日発行
<ただいま品切です>