「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



インド文明とわれわれ

LA CIVILISATION INDIENNE ET NOUS


著者ルイ・デュモンは、この小さな書物の巻頭で「われわれの思考方法を作り出しているわれわれの文明と、われわれが把握しようとしているインド文明とのあいだに、知的な関係を正しく確立しておくこと」と述べている。

霊的でありつつ悲惨な土地として、今日でも西欧人を挑発するインド。その社会の構造的原理を大著『ホモ・ヒエラルキクス』によって徹底的に解明し、それまでのインド研究を革新した著者が、積年の探究と省察に基づいて得られたもっとも壮大にして簡潔な結論を、学問のレベルを落とすことをいっさいせずに分かりやすく伝えようとした本書は、インド文明の本質を明らかにするだけでなく、近代ヨーロッパが生み出した「自文化中心主義」をいかにして克服するかという問いかけへの、比較社会学の立場からの真摯な答えである。



著訳者略歴

ルイ・デュモン
Louis Dumont

1911年生まれ。文学博士。フランス国立美術館連合(民衆芸能と伝統技術)助手、オクスフォード大学講師を経て、1955年より社会科学高等研究院(インド社会学、次いで比較社会学講座)研究指導教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
竹内信夫
たけうち・のぶお

1945年生まれ。東京大学文学部助手、明治学院大学専任講師、東京工業大学助教授、東京大学教養学部教授を経て、現在は東京大学大学院総合文化研究科教授(文化コンプレクシティ大講座)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
小倉泰
おぐら・やすし

1959年生まれ。東京大学東洋文化研究所助手を経て、現在は東海大学文学部助教授(文明学科南アジア課程)。ヒンドゥー教の美術・建築を専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「インド文明とわれわれ」の画像:

インド文明とわれわれ

「インド文明とわれわれ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-03801-3 C1039
1997年3月5日発行

この本を購入する