「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



鶴見良行著作集 5

マラッカ


本巻は、著者の長篇歴史ルポルタージュ三部作の記念すべき第一作『マラッカ物語』と、その関連論考・評伝を一挙に収録する。

「始まりは、10行にも満たない新聞記事である。そこから私は、マラッカ海峡の古代にまで遡る長途の旅に出ることになった」。このインドネシア領スマトラ島とタイ・マレーシア領マラヤ半島に挟まれた、狭く細い海峡は、東西交通の十字路であり、古くから多彩な交流の舞台であった。精力的な踏査と文献の博捜を通じ、鶴見良行は、緻密な筆致で、権力者たちと地域の人びとの終わりなき闘争=歴史をヴィヴィッドに描き出す。

姉妹編として書かれた連作評伝「アジア叛徒列伝」と関連エッセイ、そして作家池澤夏樹氏による透徹した理解に支えられた力作解説を併収する。



著訳者略歴

鶴見良行
つるみ・よしゆき

1926年、アメリカ合州国カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれ。外交官の父の仕事にともない、少年時代、ワシントン、ポートランド、ハルピンなどで在外生活経験を重ねる。水戸高校を経て東京大学法学部を卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鶴見俊輔
つるみ・しゅんすけ

この本の関連書


「マラッカ」の画像:

マラッカ

「マラッカ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/520頁
定価 8,856円(本体8,200円)
ISBN 4-622-03815-3 C1336
2000年4月20日発行

この本を購入する