みすず書房

フィールドノート I

鶴見良行著作集 11

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 400頁
定価 7,260円 (本体:6,600円)
ISBN 978-4-622-03821-4
Cコード C1336
発行日 2001年5月 2日
オンラインで購入
フィールドノート I

〈歩くひと〉鶴見良行は、東南アジアの島々を隅々まで旅しながら、緻密で詳細な取材ノートを綴り続けていた。日記形式でありながら、「写真やスケッチのはいった、手堅い芸術品のような作品」(鎌田慧氏の言葉)として、丁寧に記録された、そのフィールドノートの全貌が、いよいよ明らかになる日が来た。
本巻と12巻(来春、本著作集最終配本として刊行予定)の2分冊として集成される「フィールドノート」篇は、『バナナと日本人』から『マングローブの沼地で』を経て『ナマコの眼』に至る、著者の思考を決定付けた時期を中心に纏められるものである。若い研究者たちを中心に、入念に加えられた注解、本邦初公開の著者撮影の写真とコメンタリーの数々……

まず刊行される本巻では、ミンダナオ、スラウェシ、アル諸島などを、あるいは一人で、あるいは村井吉敬氏ら仲間たちとゆるやかに旅する日々が、ビビッドに描かれる。一読止められぬ、まさに必読の一書である。