「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ブルームズベリー叢書

ある家族の伝記<品切>

MARIANNE THORNTON


「私をミルトンの大きく枝を広げた木の下に葬っていただきたい……葬儀には誰に対しても出席して欲しいと要請していただきたくありません……とくに、お花はいっしょに埋葬しないでください。お花はそんなことをするには、きれいすぎますから。賛美歌の斉唱も弔辞もいりません。お墓には私の名、年齢……」(マリアン・ソーントン)。
本書は、フォースターに8000ポンドの遺産をのこし、彼の作家人生を実質的に可能にしてくれた恩人=大伯母マリアン・ソーントンの伝記である。18世紀末に生まれ、90歳で亡くなるまで未婚で通した、この社会的には無名に近い女性の一生を、なぜフォースターは最後の著作に選んだのか?
それは、ソーントン家に流れる英国ブルジョワジーの血やバタシー・ライズ(もうひとつのハワーズ・エンド)とのつながりを自ら認識し、その継続を確認する作業であったろう。一族のおびただしい手紙や記録を調べるにつれて、彼はしだいに大伯母マリアン・ソーントンの人間像に魅せられる。愛する人びととの死別、銀行経営の危機、弟との仲違いやバタシー・ライズからの放逐、さらにハナ・モアウィルバーフォース、マコーレーといったクラッパム派の人びととの交友――一族の成功と挫折、悲劇と喜劇の中から、ユーモアを解する非凡な女性像が浮上してくる。本書は、フォースターの愛によって刻まれた、19世紀イギリスをみごとに生き抜いた一女性へのオマージュであると同時に、時代の流れを生き生きと描いた社会史=物語である。加えて、作家フォースターの文学的背景を知る上で、これは座右の一冊といえよう。



著訳者略歴

E・M・フォースター
Edward Morgan Forster

1879年ロンドンに生まれる。建築家の父親は彼が一歳一カ月の時に亡くなり、以後母親の手で育てられる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
川本静子
かわもと・しずこ

1955年津田塾大学英文科卒業、1957年東京大学大学院修士課程修了。1962-63年ハーヴァード大学大学院留学。現在津田塾大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
岡村直美
おかむら・なおみ

1966年津田塾大学大学院修士課程修了。現在和洋女子短大教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ある家族の伝記」の画像:

ある家族の伝記

「ある家族の伝記」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/416頁
定価 6,912円(本体6,400円)
ISBN 4-622-04636-9 C1098
1998年1月21日発行
<ただいま品切です>