みすず書房

門口で医者と親子が待っている
正直にお七ははえたと申しあげ

「いかなる時代の文学よりも、江戸文学に笑いの要素がつよいというのは」、それが明朗で、闊達で、あけすけな庶民の文学だからである。その江戸文学の中で、もっとも庶民的な、したがってもっともユーモアと風刺に富んだ文学は俳諧の落とし子の川柳である……セックスとても、その例外ではない。いや、それどころか、両性の協力によって成りたち、その性交によって存続している人生であるにもかかわらず、気どって、そしらぬ顔をしがちであるだけに、彼らは好んでその機微をさぐり、そのための喜びや悲しみやもだえを率直に指摘する。閨房の秘戯におよぶことも、しばしばである」(まえがき)。
西鶴研究の第一人者にして、江戸文芸の達人が道案内する古川柳、とりわけ下世話に通じた〈バレ句〉の世界。時代を越えた、庶民のしたたかな辛口のユーモアをご賞味あれ。