「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き<品切>

著者
小沼丹
庄野潤三

「小説もいいし、随筆もいいという作家はそんなにいない。先ず浮ぶのは井伏鱒二。その次に、学生のころから井伏さんが好きで師事していた小沼丹がいる」。

「何がそれほど惹きつけるのか。何が親しみと共感のうちにやがて深い喜びと安らぎをもたらすのだろう。誠実味だろうか。腕白とユーモアだろうか。決して愚痴をこぼさない男らしさだろうか。詩的感受性の細やかさだろうか。東西の文学、芸術から吸収して当人の気質に融け込ませてしまった教養の力だろうか。悠々としているところだろうか。つまるところは才能というほかないのである」。(庄野潤三)


目次


 *
猿 / 喧嘩 / 小さな手袋 / 地蔵さん / コタロオとコヂロオ / 長距離電話 / 後家横丁 / 断片 / 井伏さんと将棋 / 複製の画 / 木山さんのこと / チエホフの本 / 古い本 / 庄野のこと / 障子に映る影

 **
つくしんぼ / 或る日のこと / 狆の二日酔ひ / 蝙蝠傘 / 落し物 / 古い唄 / 道標 / 籤 / 帽子の話 / コップ敷 / 鰻屋 / 秋風 / 虫の声 / 焚火の中の顔 / 蕗の薹 / 窓 / 辛夷 / 赤蜻蛉 / 文鳥 / 泥鰌 / お玉杓子 / 巣箱 / 地蔵 / ぴぴ二世 / 鵯の花見 / 侘助の花

 ***
町の踊り場 / 珈琲挽き / 古本市の本 / 盆栽 / 夏の記憶 / 標識燈 / 「塵紙」 / 追憶 / 幻の球場 / 酒のこと / 人違ひ / 小山さんの端書 / 松本先生 / 日夏先生 / 昔の西口 / 想ひ出すまま / 古いランプ

 ****
倫敦のパブ / 遠い人 / 夢の話

なつかしい思い出…庄野潤三


著訳者略歴

小沼丹
おぬま・たん

小説家、英文学者。1918年東京生まれ。1942年早稲田大学英文科卒業。早稲田大学名誉教授。日本芸術院会員。1996年歿。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
庄野潤三
しょうの・じゅんぞう

1921年大阪府生まれ。九州大学東洋史学科卒業。1955年『プールサイド小景』により芥川賞受賞。1961年『静物』により新潮社文学賞受賞。1965年『夕べの雲』により読売文学賞受賞。日本芸術院会員。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き」の画像:

小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き

「小沼丹 小さな手袋/珈琲挽き」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/280頁
定価 2,860円(本体2,600円)
ISBN 4-622-04825-6 C1395
2002年2月22日発行
<ただいま品切です>