「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



文学シリーズ lettres

リッチ&ライト

RICHE ET LEGERE


リュシーは三十代最後の夏の休暇をスペインで過ごすことに決めた。マラガ、エステポナ、セビーリャなどアンダルシア地方の暑い夏。ひとりで始めた旅だったのに、思いがけない過去との出会い、そして新しい発見が彼女を襲う。言葉の奔流のなかで、異性愛、同性愛、近親相姦的な愛のからみあうさまが立ち上がってくる。そうなれば死者たちも黙っていない…。

ロベール・ブレッソン監督に選ばれてジャンヌ・ダルクを演じたのちに作家となったフロランス・ドゥレは、スペイン文学への深い造詣にもとづく数々の名作で、フランスでは最大級の評価を受けてきた。そのドゥレがフェミナ賞をかちとった代表作『リッチ&ライト』をようやくお届けできる。



著訳者略歴

フロランス・ドゥレ
Florence Delay

パリ生まれ。作家。アカデミー・フランセーズ会員。ブレッソンの映画『ジャンヌ・ダルク裁判』で主役を演じたあと、スペイン語の教授資格を獲得。パリ第三大学で比較文学を講じる(1972-2000)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
千葉文夫
ちば・ふみお

1949年生れ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程中退。パリ第1大学哲学博士。現在、早稲田大学文学学術院教授。フランス文学、美学。著書『ファントマ幻想』(青土社)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

「私がフロランス・ドゥレさんと知り合ったのは、マジョーレ湖のほとりで開かれる映画祭でパネラーとして同席した折にです。しかし、そのときにはそうと知らずに、ずっと以前から私は、彼女のお父上を存じ上げていたのでした。 ...続きを読む »

この本の関連書


「リッチ&ライト」の画像:

リッチ&ライト

「リッチ&ライト」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/296頁
定価 2,916円(本体2,700円)
ISBN 4-622-04866-3 C0097
2002年5月2日発行

この本を購入する