みすず書房

カヴァフィス全詩集【新装版】

AIIANTA IIOIHMATA KABATH

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 488頁
定価 4,070円 (本体:3,700円)
ISBN 978-4-622-04912-8
Cコード C0098
発行日 1997年10月 9日
備考 現在品切
オンラインで購入
カヴァフィス全詩集【新装版】

「カヴァフィス詩はほとんどすべてこれ魔法のかたまりである。カヴァフィス詩から歴史詩だけとか愛欲の詩だけとか内面の詩だけとかを切りはなして取りだすならば、あの地中海的錯綜性を逸してしまうであろう。一詩の理解にも全詩を要するゆえんである。」(E.M.フォースター)「私がカヴァフィスを〈発見〉したのは、まず、現代稀に見る硬質の風刺詩人としてであった。そして、繰り返して読み、ついに翻訳に至ったのには、彼の詩の凝縮された演劇性とでもいうべきものが大きい。彼はシェークスピアに通じ、また若い日にアレクサンドリア近郊の砂漠からヘーロンダースの『ミミアンポイ』のパピルスが発見されたのに感動している。多くの歴史詩は前者に、現代のエロス的は詩はヘレニズム期の市井に題材を取った寸劇である後者に近いと思う。実際、彼の多くの詩がシェークスピアからへーロンダースに至る大きな幅のさまざまな点に位置づけられるだろう。」(中井久夫)
エリオットの詩集『荒地』になぞらえられ、人の魂をつかんで離さない「今世紀最大のギリシャ語詩人」カヴァフィスの全詩集。世界に対する肯定と否定、官能と雄大な世界が微妙に合わさった彼の詩は、20世紀言語芸術の極北の一つとされている。