「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



黒人はなぜ待てないか【新装版】<品切>

WHY WE CAN’T WAIT


1963年夏、〈奴隷解放〉100年記念がマスコミをにぎわしていた。しかし、人種差別撤廃ははかばかしく進まず、黒人たちの抑えがたい巨大なエネルギーが、いまや暴動化しつつあった。黒人はなぜこれ以上、政府の〈お預け方針〉に我慢できないか。
キングは、1963年のバーミングハム闘争を〈黒人革命〉と呼び、自由をもとめるアメリカ黒人の闘いの歴史と現在を語り、未来への道をさし示す。それは、非暴力の理念を実践しようと模索したひとの、思想と行動の記録である。すでに、キングの指導したモントゴメリーのバス・ボイコット(1955-56年)が、黒人大衆による、非暴力主義による新しい隔離廃止運動、公民権運動の出発点だった。やがて、整然とデモをくりかえし、みずから逮捕された誇らしい黒人たちでバーミングハムの監獄はあふれ、つづく忿懣やるかたない夏、一千の都市で革命が沸騰し、そして、あの輝かしいワシントン大行進に至るのである。
本書刊行の翌年にロサンゼルス暴動が起こるが、そうした現実をも予見しつつ、キングはあくまでも非暴力を、国際平和への不可欠の要件として力説した。四半世紀をへて、白人警官による黒人青年暴行が無罪の評決をみ、同地で、アメリカ史上最悪の暴動が起こっている。キング師の肉声は、今日いっそう重い課題をつきつける。


目次


序文
第一章 黒人革命――なぜ1963年に?
第二章 治癒の剣(つるぎ)
第三章 闘牛(ブル)・コナー支配下のバーミングハム
第四章 バーミングハムの新しい日
第五章 バーミングハムの獄中から答える
第六章 黒人・白人あい携えて
第七章 忿懣やるかたない夏
第八章 未来を展望して

訳者あとがき
索引


著訳者略歴

マーチン・ルーサー・キング
Martin Luther King, Jr

ジョージア州アトランタの有力黒人牧師の家庭に育つ。黒人のためのモアハウス大学を卒業後、クロイツァー神学校とボストン大学に学び、1955年に博士号を取得する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中島和子
なかじま・よりこ

1928年大阪に生れる。同志社大学法学部政治学科卒業。同大学院修士課程修了後、ミシガン大学大学院留学中に、米国南部で黒人運動を調査する。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
古川博巳
ふるかわ・ひろみ

1927年奈良市に生れる。神戸市外国語大学英米学科中退。大阪工業大学、神戸商科大学、京都女子大学、天理大学教授を歴任し、現在天理大学国際文化学部非常勤講師。黒人研究の会前代表。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「黒人はなぜ待てないか【新装版】」の画像:

黒人はなぜ待てないか【新装版】

「黒人はなぜ待てないか【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
定価 2,860円(本体2,600円)
ISBN 4-622-04939-2 C0010
2000年4月18日発行
<ただいま品切です>