みすず書房

良心のトランペット【新装版】

THE TRUMPET OF CONSCIENCE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 120頁
定価 2,530円 (本体:2,300円)
ISBN 978-4-622-04940-1
Cコード C0010
発行日 2000年4月18日
備考 現在品切
オンラインで購入
良心のトランペット【新装版】

アメリカ黒人の公民権運動は、あの輝かしいワシントン大行進で絶頂期をむかえたあと、分裂し、暗い暴動の季節にはいった。キングは、大都市のスラム街で、社会の最底辺にあえぐ大勢の貧困者や怒れる青年たちと生活をともにするうち、社会に暗黒の行き詰りをもたらしている一連の問題の解決を阻むものに目を開いた。彼が日夜とりくむ国内の闘争における非暴力と、戦争という国際的暴力の否定とは、ここに一直線上につながった。
キングは〈沈黙に終止符を打ち、良心に従って〉ベトナム戦争反対に踏み切った。政府とのあいだの調停者的役割を捨てて対決姿勢をかため、さらに、アメリカの戦争政策のもとに同じ運命におかれている他国の貧しい人々との国際的連帯をめざしたとき、彼の暗殺は時間の問題であった。
遺著となった本書は、現代が直面するもっとも切実な課題——人種差別、貧困、青年の疎外、非暴力と平和をめぐる講演集であり、非暴力運動による世界平和の実現を訴える、キング師最後のメッセージである。

目次

はしがき
I 人種関係の行き詰り
II 良心とベトナム戦争
III 青年と社会行動
IV 非暴力と社会改革
V 平和についてのクリスマス説教

訳者あとがき

「私には夢がある」——「平和についてのクリスマス説教」より(本書98ページ)

「私には夢があります。いつの日にか人々は立ち上り、兄弟としてともに生きるべく創られたということを知るにいたるときがくるでしょう。今朝も私には夢があります。いつの日にかこの国の黒人すべてと、この世界の有色人すべては、彼らの肌の色によってではなく、その人格によって判断され、すべての人間が、その尊厳と人格の高さによって敬われるときがくるでしょう。今日なお私には夢があります。いつの日にかアパラチヤ地方の沈滞した産業は、活気をとりもどし、ミシシッピーの空腹は満たされ、……」
(「平和についてのクリスマス説教」より、本書98ページ)