「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



強迫パーソナリティ【新装版】

OBSESSIVE PERSONALITY


現代は強迫パーソナリティの時代である。そのパーソナリティ構造の極端なものが、精神科医を訪れる患者の大部分を占めている。すべての強迫パーソナリティが社会的に不適応を起こしているわけではなく、逆に社会の中にあって、ときには高い社会機能を果たしている人も少なくない。

本書のユニークな点は、第一部として強迫パーソナリティ(あるいは強迫的な生き方)の記述、第二部にはその破綻としてのいくつかの病態(うつ状態、恐怖神経症、強迫神経症、嗜癖状態、ギャンブル、盗癖、自慰など)を簡単にスケッチし、最後に第三部として(個々の病態ではなくて)強迫パーソナリティの精神分析療法をおいていることであろう。重心はあくまでも強迫パーソナリティにある。

著者サルズマンはワシントン精神医学校でトレーニングを受けた、サリヴァンの流れを汲む精神分析医で、現在ジョージタウン大学臨床教授。
「治療は、困難ではあるが成功することも非常に多い。その結果、もはや〈絶対的で不可能な要求〉にしばられない、より自由な人間が生れる。」


目次



第一部 強迫パーソナリティの諸特徴
1 強迫的行動についての諸理論
2 強迫的スタイル
3 社会参加、性生活、結婚生活
4 強迫スペクトル
第二部 強迫状態と他の症候群
5 抑うつ
6 恐怖症
7 強迫的防衛の破綻
8 嗜癖状態
第三部 治療
9 強迫パーソナリティの治療
10 臨床的考察
エピローグ
 訳者あとがき
 索引


著訳者略歴

レオン・サルズマン
Leon Salzman

1915年ニューヨーク市ブルックリンに生れる。精神分析医。開業のかたわら1961年以降、ジョージタウン大学臨床教授。著書 Developments in Psychoanalysis ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
成田善弘
なりた・よしひろ

1941年名古屋市に生れる。名古屋大学医学部卒業。精神医学専攻。現在椙山女学園大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
笠原嘉
かさはら・よみし

1928年神戸市に生れる。京都大学医学部卒菜。精神医学専攻。現在名古屋大学名誉教授。藤田保健衛生大学客員教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「強迫パーソナリティ【新装版】」の画像:

強迫パーソナリティ【新装版】

「強迫パーソナリティ【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 4-622-04960-0 C1047
1998年10月20日発行

この本を購入する