みすず書房

機械としての王

みすずライブラリー

LE ROI-MACHINE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 256頁
定価 2,750円 (本体:2,500円)
ISBN 978-4-622-05003-2
Cコード C1322
発行日 1996年9月19日
備考 現在品切
オンラインで購入
機械としての王

君主の栄光を讃える壮麗な騎馬パレード、宮殿を舞台に繰り広げられる究極の宴。多彩な芸術が花開いたといわれる絶対王制の時代に、スペクタクルが果たした真の機能とはなんであったのか。封建的秩序と新しい価値観が並存する社会にあって、その中心に君臨しすべてを操ったひとりの王。だが権力は、やがて国王個人の身体を後景に退かせ、国家というひとつの不気味な機械として立ち現れる。

「偉大なる世紀」の神話が作られていくその陰で、比類なき君主は幽霊と化した……。ルイ十四世時代の王権国家における文化の変容を犀利に論じ、現代につらなる象徴システムの起源をさぐる、きわめて示唆的な著作。