みすず書房

フランス革命事典 4

みすずライブラリー 第2期

制度

DICTIONNAIRE CRITIQUE DE LA REVOLUTION FRANCAISE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 352頁
定価 4,180円 (本体:3,800円)
ISBN 978-4-622-05044-5
Cコード C1322
発行日 1999年9月10日
オンラインで購入
フランス革命事典 4

象徴に満ちた革命暦、教育制度の改革、憲法の創設や空間の再編…革命的な切断によって獲得された、さまざまな制度。
二世紀にわたるあいだに変貌を遂げながらも、その近代性が今日なお、生活に枠をあたえる制度として生きている「憲法」「投票制度」「県制」「民法典」。あるいは典型的に革命の精神を表わす「パリのコミューン」「クラブと民衆協会」「革命的宗教」。
そのほか「共和暦」「公教育」「租税」「アシニャ」など、革命の思想が実践のなかで作用し、生みだした〈制度〉全18項目。

目次

アシニャ
革命政府
革命的宗教
革命の諸議会
共和暦
クラブと民衆協会
軍隊
県制
憲法
公安委員会
公教育
国有財産
最高価格
聖職者民事基本法
租税
投票制度
パリのコミューン
民法典

フランス革命年表
革命期のパリ市街図
フランス全図
共和暦=西暦対照表
執筆者一覧



[本書『フランス革命事典』の邦訳初版(全2巻、1995年)では、第2巻末に索引が収められていました。PDFでごらんになれます(が、画像がきれいでなくテキストデータも欠けていますことをどうかご諒承下さい。〈みすず)ライブラリー版には索引がありません)]