「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



神童から俗人へ【新装版】

わが幼時と青春

EX-PRODIGY

MY CHILDHOOD AND YOUTH


本書は、サイバネティックスの創始者、ノーバート・ウィーナーの幼年時代から青年時代の終わりまでの31年、彼の前半生の自伝的回想である。全巻にわたって随所で著者は、自分が神童であったという異常な体験と、これに対する社会の関心ならびに自分自身の主張に触れ、またドイツ的な思想、ユダヤ人としての知性、多彩な言語的天分をもち、トルストイ主義を奉じて若くして新世界に渡った父親が、いかに自己主張に根ざした厳しい教育と訓育をこの神童に課したかを、実に綿密に記述している。

このようにして自宅に帰れば同年輩の少年たちと遊ぶ高校生、半ズボンをはいた大学生、20歳未満の哲学博士が生まれるが、この学業・日常生活のアンバランスが解消され、子が父の厳しい桎梏から徐々に解放され、普通人になりおおせるのは、その後ヨーロッパに留学し、そこで自由な学風に触れ、第一次大戦下、自活の道を社会に求めるようになってからでのことである。そしてそこから彼自身の進路、その第二の自伝『サイバネティックスはいかにして生まれたか』へとつづく、新しい学問、新しい世界が開けてくるのである。



著訳者略歴

ノーバート・ウィーナー
Norbert Wiener

1894年生まれ。ポーランド生まれでアメリカに渡ったユダヤ人の言語学者レオ・ウィーナーの長子。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鎮目恭夫
しずめ・やすお

1925年東京に生まれる。1947年東京大学理学部物理学科卒業。科学思想史専攻、科学評論家。著書『性科学論』『自我と宇宙』『科学と読書』『人間にとって自分とは何か』(みすず書房、1975、1982、1986、1999)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「神童から俗人へ【新装版】」の画像:

神童から俗人へ【新装版】

「神童から俗人へ【新装版】」の書籍情報:

B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/336頁
定価 3,132円(本体2,900円)
ISBN 4-622-05104-4 C1040
2002年4月16日発行

この本を購入する