「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



サイバネティックスはいかにして生まれたか【新装版】<品切>

I AM A MATHEMATICIAN


本書は、『神童から俗人へ――わが幼時と青春』につづく、第二の自伝的回想記である。前著は著者の幼少年期の教育、父との関係、神童であるという異常な体験を主として述べたものであったが、本書は、成人してからの後の人間として、また科学者としての年月を回想、記述したもので、年代的には前著とやや重複する部分、MITに定職を得た頃から第二次大戦を経て、1955年頃までの、後半生のほとんどに及んでいる。

父の勧めによって哲学を専攻したウィーナーは、数理哲学を契機として科学、特に物理学に関連する数学上の問題に自分の真に進むべき方向を見いだし、その分野でのいくつかの業績によって世界の学界で認められるようになり、MITに確実な地歩を築いた。そしてこれにつづく海外の学会、大学、その他への頻繁な旅行は彼の学問上の業績の拡大はもちろん(サイバネティックスは、この間に醸成されていく)人間としての識見を広めていった。事実、第一次大戦後の世界的不況時代から第二次大戦前夜までの欧米の学界、社会の揺れ動く状勢、有名・無名の科学者の印象、インド、中国などの紀行記録に見られるその文化や風俗に対する観察、さらに原爆の日本投下によって受けた深甚なショック、プッシュ・ボタン戦争の予測と科学者の社会的責任問題の喚起など、現代史の重要な一面を鋭く把握し、数多くの問題を堤起している。



著訳者略歴

ノーバート・ウィーナー
Norbert Wiener

1894年生まれ。ポーランド生まれでアメリカに渡ったユダヤ人の言語学者レオ・ウィーナーの長子。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
鎮目恭夫
しずめ・やすお

1925年東京に生まれる。1947年東京大学理学部物理学科卒業。科学思想史専攻、科学評論家。著書『性科学論』『自我と宇宙』『科学と読書』『人間にとって自分とは何か』(みすず書房、1975、1982、1986、1999)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「サイバネティックスはいかにして生まれたか【新装版】」の画像:

サイバネティックスはいかにして生まれたか【新装版】

「サイバネティックスはいかにして生まれたか【新装版】」の書籍情報:

B6判 タテ182mm×ヨコ128mm/288頁
定価 3,132円(本体2,900円)
ISBN 4-622-05105-2 C1040
2002年4月16日発行
<ただいま品切です>