「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



朝永振一郎著作集 6

開かれた研究所と指導者たち【新装版】


若き日の理研での修業、戦後招聘されたプリンストン研究所での経験から「開かれた研究所」の必要性を痛感した博士は、共同利用研究所の設置に尽力した。自ら深く関与した諸研究所の特性と、その指導者の役割を回顧した講演・座談を収める。

[初版1982年11月、新装復刊2001年]


目次


開かれた研究者と指導者たち
共同利用研究所設立の精神
研究所の共同利用
仁科先生と理研(理化学研究所)
原子核物理の思い出――「核物理学事始」時代の先人たち――
理研60周年に際して
座談 仁科先生を偲んで
座談 仁科先生と核物理の発展――仁科芳雄先生の十周年を迎えて――
座談 仁科研究室の黄金時代――サイクロトロンとその周辺――
対談 理研時代の思い出
湯川さんと基研(基礎物理学研究所)
湯川記念館の設立
基研十五周年にあたって
基研について――老人の感想――
座談 基礎物理学研究所をめぐって
菊池博士と核研(原子核研究所)
原子核研究所の目指すもの
原子核研究と科学者の態度
原子核研究所の創設など
原子核研究所の設立と菊池先生
プリンストン高級研究所
プリンストンの高級研究所
新しい型の研究所――プリンストン研究所の特性――
プリンストン通信抄
解説 玉木英彦


著訳者略歴

朝永振一郎
ともなが・しんいちろう

1906年、東京に生まれる。1929年、京都大学理学部物理学科卒業。東京教育大学教授、同大学学長を歴任。1965年度ノーベル物理学賞受賞。東京教育大学名誉教授。1979年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
玉木英彦
たまき・ひでひこ

この本の関連書


「開かれた研究所と指導者たち【新装版】」の画像:

開かれた研究所と指導者たち【新装版】

「開かれた研究所と指導者たち【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-05116-8 C1340
2001年12月5日発行

この本を購入する