みすず書房

量子力学的世界像【新装版】

朝永振一郎著作集 8

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 368頁
定価 3,300円 (本体:3,000円)
ISBN 978-4-622-05118-3
Cコード C1340
発行日 2001年12月 5日
備考 現在品切
オンラインで購入
量子力学的世界像【新装版】

長く版を重ね、多数の読者に親しまれてきた『量子力学的世界像』に新たに5篇を加える。巻頭を飾る「光子の裁判」は、被告波乃光子の奇妙な振るまいをめぐる裁判劇を通して、量子力学における〈光の二重性〉の概念を巧みに説いた名篇である。

[初版1982年7月、新装復刊2001年]

目次

量子力学的世界像
光子の裁判——ある日の夢——

原子核の理論
原子論から素粒子論へ
量子力学的世界像
素粒子は粒子であるか
エーテル・場・素粒子

《史劇》『ファウスト』風 中性子誕生の前夜(訳)

座談 物質とは何か
座談 科学と方法
解説 牧二郎