「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



生の事実【新装版】

THE FACTS OF LIFE

AN ESSAY IN FEELINGS, FACTS, AND FANTASY


レインは本書のなかで初めて自分自身のことに触れている。父、母、祖父をはじめ父方、母方の親類たち、学校と学校友だち。「私はものごころがつくや否や、これらの人々の間に起っていることを理解しようしてきた。誰かを信じるとそれ以外の人間は信じられなくなるのであった。特に母と、母の母と母の妹とが家庭にいた時には――それは私が生後10ヵ月から18ヵ月までであるが――私は三人とも信じる訳にはいかなかったり、その中の一人だけを信じることができなかったり、誰も信じられなくなったりした。私は5歳になるまで、紐をつけなければ外出が許されなかった。その紐とは例の赤ん坊につける犬の紐のようなものである。また私は学校に行くまでほかの子供たちと一度も外で遊ばせてもらえなかった。……私は女の子がいない、男子だけの中学校に通学した。16歳の時には、われわれが今、生の事実と呼んでいることについてまだ何も知らなかった。」この追憶はそのまま本書の主題への導入となっている。
1970年に治療施設キングスレイ・ホールが閉じられてからのレインは、急速に東洋への関心を深めている。人間の生はどこから始まりどこで終るのか。誕生以前の生に遡り、その深い傷痕を追うユニークな考察。これは転回点にあるレインの聖と性への模索とも言えようか。


目次


まえがき
プロローグ
1 第一の資料
2 思索
3 天性と養育
4 感情と物理学
5 誕生以前の生
6 出生
7 臍帯の切断
8 自画像
9 精神医学の実例
10 科学的方法と私たち
11 講義
12 フィールド・ノート
エピローグ
訳者あとがき


著訳者略歴

R・D・レイン
Ronald David Laing

1927年イギリスのグラスゴーに生れる。1951年グラスゴー大学医学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
塚本嘉壽
つかもと・よしひさ

1943年東京に生れる。一橋大学卒業。京都大学教育学部博士課程中退。臨床心理学専攻。現在埼玉大学教養学部教授。著書『漱石、もう一つの宇宙』(新曜社、1994)『タンタロス・コンプレックス』(行路社、1994)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
笠原嘉
かさはら・よみし

1928年神戸市に生れる。京都大学医学部卒業。精神医学専攻。名古屋大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「生の事実【新装版】」の画像:

生の事実【新装版】

「生の事実【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 3,630円(本体3,300円)
ISBN 4-622-05132-X C1047
2002年6月5日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>