「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



パリ随想【オンデマンド版】

ら・みぜーる・ど・りゅっくす

著者
湯浅年子

本書は、若くして単身パリに留学し、その後オルセー原子核物理研究所の主任研究員として活躍した湯浅年子の、貴重な経験に裏打ちされた〈思い出と意見〉からなりたっている。
第二次世界大戦におけるフランスのナチスに対する抵抗、敗北間際のドイツ・ベルリンの様相、焦土と化した東京の風景、また思いやりにみちた恩師ジョリオ・キュリーとの心あたたまる師弟関係、ジャン・ゲーノー夫妻、リュシアン・クートーなど親しい人たちとの興味深い交友、そしてまた〈五月革命〉に関する鋭く精確な考察など、さまざまな対象のなかに、著者は女性科学者としてめぐまれた感受性と批評精神をはたらかす。そのしなやかな眼差しは、ひとつの生きられた時の記録であると同時に、大きく科学を中心にした現代史でもあるような空間をとらえている。
ながく異邦に生活し、さまざまな体験を味い、その間原子核物理の研究に研鑚してきた著者の生き方・感じ方の誠実さは見事な一貫性を保っているし、また、ジョリオ夫妻に親しく師事した著者があかしてくれる、偉大な科学者の素顔、その研究姿勢などは読者に新鮮な感銘をあたえるだろう。

[1973年7月初版発行]


目次


パリ随想
1 パンテオンのプロフィル
2 椿の花による想い出
3 五月革命のもたらしたもの
4 ブルターニュの北海岸
5 ラジウム研究所の今昔
6 フランスの論理と日本の論理
7 一七世紀の月旅行
8 ブタペスト暼見
9 古い日記から
付・五月革命のもたらしたもの

科学と人生
1 学者対話
2 ジョリオ・キュリー教授の想い出
3 科学と人生を想う
4 日本の科学者へ ジョリオ・キュリー

あとがき


著訳者略歴

湯浅年子
ゆあさとしこ

1909年東京に生れる。1931年東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)理科、1934年東京文理科大学物理学科卒業。1940年フランスに留学、コレジ・フランス原子核化学研究所にてジョリオ・キューリーの指導を受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「パリ随想【オンデマンド版】」の画像:

パリ随想【オンデマンド版】

「パリ随想【オンデマンド版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/332頁
定価 4,644円(本体4,300円)
ISBN 978-4-622-06202-8 C0040
2007年12月10日発行