「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



続・パリ随想【オンデマンド版】

る・れいよん・う゛ぇーる

著者
湯浅年子

30年以上にわたるフランスでの、ひたむきな研究の重みが美しく結晶し、詩情をたたえた文章が静かな感銘を呼んだ『パリ随想』につづいて、『続・パリ随想』をここにおくる。
“異国に病む”という体験から著者の澄んだ眼は、現代の病者対医師の問題、病者の権利義務の問題に注がれ、みごとな「病人憲章」の一章が生まれた。つづいて、人間の生と死の問題が、著者の身近の実例から省察される。それは、作家モンテルランの自決であり、科学者ラカサニュの自殺である。ブルターニュの小村の人影もない夕映えの荒磯の海辺に立っての「夕潮」の鮮やかな印象と、春5月、パリのマロニエの街路樹のさわさわと葉末を鳴らし、白・赤の花色しるき、ゆたかな生命の感情とのコントラスト。それは生への問であった。
フランス文明の根本にある「手仕事」の具体的実例として、レース編み女工、ゴブラン織工、セーヴル陶工らの世界をえがいた「手工芸考」。保井コノ先生、イレーヌ・ジュリオ・キュリー夫人、森有正氏への追想など、人間の生き方と世界の深さの感覚に、ひとびとの思いを誘うであろう。

[1977年9月初版発行]


目次


序に代えて
 リュシアン・クートー Lucien Coutaud 氏を悼む
病人憲章
 まえがき/1 発病/2 病院の診断から手術決定――その後の経過
夕潮
 アンリ・ド・モンテルラン/アントワンヌ・ラカサニュ教授
手工芸考
 レース編み女工/ゴブラン職人/セーヴルの陶器工
女性と科学
 1 女性と科学/2 保井コノ先生/3 イレーヌ・ジョリオ・キューリー夫人
宗教と科学の接点――森有正氏を悼んで――
再び古い日記から

あとがき
初出一覧


著訳者略歴

湯浅年子
ゆあさとしこ

1909年東京に生れる。1931年東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)理科、1934年東京文理科大学物理学科卒業。1940年フランスに留学、コレジ・フランス原子核化学研究所にてジョリオ・キューリーの指導を受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「続・パリ随想【オンデマンド版】」の画像:

続・パリ随想【オンデマンド版】

「続・パリ随想【オンデマンド版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-06203-5 C0040
2007年12月10日発行