「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】


日本で最初の国際的な女性核物理学者、湯浅年子は、第二次大戦勃発直後のフランスに渡った。憧れのキュリー研究所に入所、ナチ占領下での苦難の研究生活が始まる。しかし戦火は激しくなり、その研究もままならず、ベルリンへ。それもつかの間、シベリア鉄道経由で日本へ送還され、敗戦の日を迎える。その間、彼女の自由な意志と選択を支持した両親の死という悲劇をも経験した。
戦後、母校(現お茶の水女子大学)の教壇に立ち、わずかな間にも若い人に深い影響を与えるが、思いは止みがたく、再び独りパリへと旅立つ。ジョリオ=キュリー教授の下で原子核物理学の研究を再開。そしてかの地に倒れる最後の瞬間まで、その営みは続けられた。
 吾想この世限りのぜいつくし
 命はてなば悔のこらざらむ
異郷にあって女性科学者としての道を切り拓いていったひとの軌跡を、彼女自身の歌と日記と手紙で綴った稀有の記録であり、感動のヒューマン・ドキュメントである。

[1995年10月初版発行]


目次


刊行に寄せて  坂井光夫
湯浅年子先生紹介
凡例

1 旅立ちまで(1909-1940)
私の選んだ道/幼い頃/清からむ/旅立ち前
2 パリに想う(1940-1944)
パリは怒濤に揺れて/想いは歌に/高まる潮騒の中で
3 戦争の痛手は深く(1944-1949)
崩れるベルリンにありて/敗戦の祖国で
4 再びのパリ(1949-1968)
再びのパリ/月影白く/死は近きにあり/師との別れ
5 さらなる歩みを(1962-1972)
怪我のあと/さらなる歩みを/耐えてなお
6 生のあかしを(1973-1980)
病い/生のあかしを/最後の祖国で/夕潮に抗いて

著作リスト・年譜
編者あとがき


著訳者略歴

湯浅年子
ゆあさとしこ

1909年東京に生れる。1931年東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)理科、1934年東京文理科大学物理学科卒業。1940年フランスに留学、コレジ・フランス原子核化学研究所にてジョリオ・キューリーの指導を受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
山崎美和恵
やまざき・みわえ

1945年東京女子高等師範学校理科卒業。1949年東京文理科大学物理学科卒業。埼玉大学名誉教授。理学博士。理論物理学(素粒子論)専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】」の画像:

湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】

「湯浅年子 パリに生きて【オンデマンド版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/426頁
定価 5,280円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-06205-9 C0040
2007年12月10日発行