「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



公衆の誕生、文学の出現

ルソー的経験と現代

著者
水林章

絶対王制の確立はヨーロッパの知的風景に大きな変化をもたらした。ラテン語という共通言語の時代は黄昏を迎え、フランス語による書物の広範な普及を背景に、議論する「公衆」が登場し、力を持ち始めていた。本書はまず、デカルト、モンテーニュ、ヴォルテールらによる例をあげながら、名詞publicの意味が変容していくさまを精緻にあとづける。

『百科全書』の企ては啓蒙された読者=公衆の存在なしにはありえまい。文芸人は何よりも「会話の人」と定義された。ところが、この公論の時代のただなかに「人が集まるなかでどうしてすすんで話ができるのか、わたしには理解できない」と告白する人物がいた。彼は社交的世界での成功が手に入ろうとする瞬間、そこから逃走してしまう。ジャン=ジャック・ルソーという徹底的に異質な才能は、広がりゆく公衆の言語空間に何を見ていたのか。『告白』と『対話』のテクストを通じて、公共的世界からのルソーの意図的脱出の意味がここに明らかにされる。

われわれの生活を覆い尽くす広告的言説の洪水のなかで、現代人が取りうる戦略とは何か。ルソーの〈声〉はその可能性をどのように示してくれるだろうか。『幸福への意志』につづく刺激的な論考。



著訳者略歴

水林章
みずばやし・あきら

1951年山形県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。パリ高等師範学校留学。パリ第七大学テクストと資料の科学科博士課程修了。現在東京外国語大学教授。専攻は18世紀フランス文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「公衆の誕生、文学の出現」の画像:

公衆の誕生、文学の出現

「公衆の誕生、文学の出現」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/280頁
定価 4,860円(本体4,500円)
ISBN 4-622-07034-0 C3090
2003年4月23日発行

この本を購入する