「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



オディロン・ルドン<品切>

光を孕む種子

著者
本江邦夫

「私は私なりにひとつの芸術を作りました。私はそれを、目に見える世界の驚異に目を開くことによって、そして、だれが何といおうとも、自然と生の法則に従おうと、たえず骨折ることによって作りだしたのです。」(「芸術家の打ち明け話」)
オディロン・ルドン(1840‐1916)は、漆黒の画面に眼球や人面花、怪物などが跳梁する戦慄すべき木炭画や石版画、さらに後期には眩いばかりの色彩が乱舞する夢幻的なパステル画で、象徴主義絵画の精華をきわめた特異な画家である。
ブルジョワの子弟として夢見がちな少年時代を過ごしたルドンは、放浪の細密画家ブレスダンに版画の手ほどきを受け、植物学者クラヴォーの薫陶によって生命の根源を思索し、あたかも種子が樹木へと成長するように、ゆっくりと画家への道を歩みはじめる。はじめての個展は1881年、41歳の遅いデビューであった。しかもその圧倒的な《黒》の呪縛によって、「悪夢を描くデカダン画家」という誤解に終生つきまとわれた。だがルドンの芸術は、自然の徹底した凝視をつうじて、目には見えない精神のヴィジョンを暗示的に現出させることにその本質がある。だからこそ、と著者は言う。
「人間存在の内なるメタファーともいうべき《黒》を渉猟しつくしたルドンが1890年代をつうじて《色彩》へと飛翔していったことは、この画家の生涯を一本の樹木にたとえるならば、なかば必然的、いやむしろ論理的なことである。」
実証主義とオカルティズムが絡まりあう混沌とした世紀末に、ひとり真正なるイメージを掘り下げた孤高の画家の想像的空間に肉薄する、渾身の美術論である。


目次


序章 自然とともに閉じこもる

I 種子から樹木へ
 ピカールへの手紙
  カインとアベル/夢想と静寂
 ロドルフ・ブレスダン
  二つの現実/民衆とブルジョワのはざまで
 アルマン・クラヴォー
  生命の原型
 ド・レイサック夫人のサロン
  カミーユとの結婚

II 《黒》の美学
 二つの個展、二つの批評
  ユイスマンスとエヌキャン/新たなる戦慄/デカダンの画家
 木炭と暗示的芸術
  自然と交感するデッサン/事物の夢への放射
 一八九四年の回顧展
  オーリエの批評/ルドンとオカルティズム

III 象徴主義と絵画
 印象主義の問題
  第八回印象派展をめぐって
 ルドンとゴーギャン
  絵画のポエジー
 聖アントワーヌの誘惑
  アンモナリアと無意識のエロス/蛇・死神・イシス神
 目を閉じて
  イメージの枠取りと仕切り/オフィーリアとオルフェウス
 夢幻の花
  〈無意識〉の到来に従う

終章 アポロンの馬車


あとがき
オディロン・ルドン年譜
オディロン・ルドン文献
人名索引


著訳者略歴

本江邦夫
もとえ・くにお

1948年、愛媛県松山市に生まれ、東京で小学校に上がるが、中学2年の夏まで札幌と小樽ですごす。76年、東京大学人文系大学院修士課程(西洋美術史専攻)修了。同年秋より、東京国立近代美術館に勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

編集者からひとこと

「男の大きな頭部」
1981年だから、高校3年生だったはずである。はじめて見にいった美術展が、東京国立近代美術館の「マチス展」だった。「ピカソ展」をやはり近代美術館で見たのは、1983年、大学2年のときだ。それから時はくだって1990年7月28日。 ...続きを読む »

この本の関連書


「オディロン・ルドン」の画像:

オディロン・ルドン

「オディロン・ルドン」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
定価 5,720円(本体5,200円)
ISBN 4-622-07035-9 C3070
2003年7月25日発行
<ただいま品切です>