「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



共感する力

著者
野田正彰

「今、この国の多くの中高年層の感情はこわばり、他者との開かれた交流能力を欠いている。……共感力や想像力において、あまりにも貧しい人々が多い……」(本文「こわばった感情」より)

本書では、現在、多くの日本人を覆う、こういった基底より、様々な問いや思索が試みられる。陰湿化する事件や犯罪、教育現場の荒廃、本末転倒の政治、戦争への不穏な動向など、今の日本が抱える諸問題の原因を、明快に指摘し鋭く衝く、待望の第2エッセイ集である。

1998年1月から2003年5月までに各紙誌に発表された平均1800字程度の文章を一冊に編んだ。確かな教養と知性に裏打ちされた、政治・社会・文化への辛口批評として存在感の強い一冊となっている。批判的精神が的確な言葉で語られており、様々な思索の刺激となるだろう。全体をテーマごとに構成、編集を試みた。章立ては以下のとおり。

人間について/文化・文明について/社会について/宗教について/民族について/政治をどう考えるか/歴史の認識・戦争再考/教育をめぐって/精神の問題/事件・犯罪の背景/医療の現場を問う/マスメディアについて/震災から学ぶこと

渾沌に満ちた時代の極限状況の中で、それでも、人間への希望を見ていこうとする強い眼差しを湛えた同時代批評集。



著訳者略歴

野田正彰
のだ・まさあき

1944年、高知県生まれ。北海道大学医学部卒業。長浜赤十字病院精神科部長、神戸市外国語大学教授などを経て、2004年度より関西学院大学教授。専攻は比較文化精神医学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

『背後にある思考』(2003年8月)に続き、同様に、白地にニコラ・ド・スタールの絵で装訂された評論集『共感する力』(2004年1月)を出した。みすず書房の装訂家による美しい装訂、自著ながら、すっかり気に入っている。

前著『背後にある思考』の一文を、今年1月、司法試験に使ったと法務省より連絡があった。 ...続きを読む »

この本の関連書


「共感する力」の画像:

共感する力

「共感する力」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 2,860円(本体2,600円)
ISBN 4-622-07068-5 C1011
2004年1月20日発行

この本を購入する