「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アーレント=ヤスパース往復書簡 1<品切>

1926-1969

THE CORRESPONDENCE OF HANNAH ARENDT AND KARL JASPERS, 1926-1969


〈私はユダヤ人として、イエスともノーとも言えません。賛成も反対も、どちらも不適切なのです……私にとってドイツとは、母語であり、哲学と文学なのです。このすべてを私は擁護できるし、擁護しなければならない。しかし、ドイツの再起のためには悪魔そのものとでも手を組むだろうというマックス・ウェーバーの堂々たる文を読むときには、私はそれにたいして距離を置く義務があって、賛成も反対もできません。そしてこの文にはまさに決定的な点があらわれでているように思えるのです〉(ヤスパース著『マックス・ウェーバー』贈呈へのアーレントの礼状より。1933年1月1日)

ハンナ・アーレントとカール・ヤスパースのこの往復書簡集は、男女二人の哲学者のあいだの膨大な文通をあますところなく収録した思想史上初の書簡集である。手紙のやりとりがはじまったのは1926年、21歳のアーレントがハイデルベルク大学のヤスパースのもとで哲学を学んでいたときで、その後、アーレントの国外亡命とヤスパースの国内亡命によって一時中断されたものの、1945年秋に二人の書簡は再開される。それから1969年のヤスパースの死にいたる年月のあいだに、二人は最初の師弟関係からしだいに深い友情へと結ばれていった。その全433通をここに公刊する。

1巻では、学位論文「アウグスティヌスにおける愛の概念」のやりとりにはじまり、亡命国アメリカと敗戦国ドイツの現状分析、『罪責問題』と『全体主義の起原』の相互の著作の進行状況や批評、パレスティナ問題をめぐる議論、マッカーシズムのはじまりなど、1926-1953年の150通を収録。対話から生まれた戦後世界への透徹した批評と真の思索の姿を読みやすく伝える、魅力つきない希有の書である。全3巻。


目次


序文
編集について
凡例

書簡
1-5 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1926年7月15日/1928年10月10日/1929年1月28日/2月24日/6月13日
6 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1929年6月16日
7-8 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1929年6月23日/7月24日
9-10 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1929年8月2日/8月4日
11-12 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1929年8月9日/10月8日
13-14 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1929年10月10日/1930年3月20日
15-16 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1930年3月24日/5月1日
17-18 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1930年5月4日/12月23日
19 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1931年11月2日
20 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1931年11月16日
21-22 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1932年1月26日/1933年1月1日
23 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1933年1月3日
24 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1933年1月6日
25-26 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1933年1月10日/4月12日
27-28 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1936年3月27日/8月8日
29-30 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1938年9月/1945年10月28日
31 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1945年11月18日
32 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1945年12月2日
33-34 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1945年12月6日/1946年1月29日
35 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年3月12日
36 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1946年4月22日
37 H・アーレントからゲルトルート・Jへ  1946年4月22日
38 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年5月8日
39 H・アーレントからゲルトルート・Jへ  1946年5月30日
40-41 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年6月9日/6月27日
42-43 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1946年7月9日/8月17日
44 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年9月18日
45 H・アーレントからゲルトルート・Jへ  1946年10月5日
46 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年10月19日
47 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1946年11月11日
48-49 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年11月17日/11月30日
50 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1946年12月17日
51-52 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1946年12月28日/1947年1月8日
53 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1947年3月1日
54 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1947年3月19日
55 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1947年3月23日
56 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1947年4月19日
57 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1947年5月3日
58 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1947年5月16日
59 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1947年6月30日
60 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1947年7月20日
61 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1947年9月4日
62 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1948年1月25日
63 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年1月30日
64 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年3月18日
65-66 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年3月22日/4月10日
67 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年4月18日
68 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年5月22日
69 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年5月28日
70 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年6月7日
71 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年7月16日
72 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年9月19日
73 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年10月31日
74-75 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年11月6日/11月9日
76 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年11月19日
77 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1948年11月23日
78 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1948年12月4日
79-80 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1948年12月22日/1949年1月9日
81-83 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1949年1月13日/1月25日/1月26日
84 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1949年1月28日
85 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1949年2月3日
86-87 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1949年2月15日/3月11日
88 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1949年3月15日
89 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1949年4月18日
90 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1949年6月3日
9192 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1949年8月4日/9月1日
93 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1949年9月29日
94 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1949年11月22日
95 K・ヤスパースからH・ブリュッヒャーへ  1949年12月28日
96 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1950年1月12日
97 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1950年1月15日
98 K・ヤスパースからH・ブリュッヒャーへ  1950年2月5日
99 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1950年4月10日
100 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1950年4月20日
101 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1950年6月25日
102 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1950年6月29日
103 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1950年7月11日
104 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1950年8月19日
105-106 H・アーレントからヤスパース夫妻へ 1950年10月4日/12月25日
107-108 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1951年1月7日/2月15日
109 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1951年3月4日
110 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1951年3月11日
111 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1951年5月14日
112 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1951年8月6日
113 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1951年9月28日
114 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年1月12日
115 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年1月25日
116 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年1月29日
117 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1952年2月18日
118 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年3月5日
119 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年3月16日
120-121 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1952年4月8日/4月10日
122 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年4月12日
123 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年4月17日
124 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年4月20日
125 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年4月28日
126 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年5月3日
127 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年7月7日
128 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年7月9日
129 K・ヤスパースからH・ブリュッヒャーへ  1952年7月21日
130 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年7月24日
131 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1952年7月26日
132 H・ブリュッヒャーからK・ヤスパースへ  1952年8月5日
133 H・アーレントからヤスパース夫妻へ  1952年8月23日
134 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年8月23日
135 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年9月7日
136 ゲルトルート・JからH・アーレントへ  1952年10月16日
137 H・アーレントからゲルトルート・Jへ  1952年11月1日
138 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1952年12月29日
139-140 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1952年12月29日/1953年2月19日
141 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1953年4月3日
142 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1953年5月13日
143-144 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1953年5月22日/6月5日
145 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1953年7月13日
146-147 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1953年8月25日/9月15日
148 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1953年9月21日
149 K・ヤスパースからH・アーレントへ  1953年9月25日
150 H・アーレントからK・ヤスパースへ  1953年11月15日

注記


著訳者略歴

ハンナ・アーレント
Hannah Arendt

1906年10月14日、ドイツのハノーファー近郊リンデン生まれ。1975年12月4日、ニューヨークで死去。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
カール・ヤスパース
Karl Jaspers

1883年2月23日、ドイツのオルデンブルク生まれ。1969年2月26日、スイスのバーゼルで死去。法学・医学・心理学を学ぶ。1916年に心理学教授、1921年からはハイデルベルク大学の哲学教授に就任。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ロッテ・ケーラー
Lotte Köhler
ハンス・ザーナー
Hans Saner
大島かおり
おおしま・かおり

1931年生まれ。東京女子大学文学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アーレント=ヤスパース往復書簡 1」の画像:

アーレント=ヤスパース往復書簡 1

「アーレント=ヤスパース往復書簡 1」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
定価 6,050円(本体5,500円)
ISBN 4-622-07105-3 C3010
2004年9月24日発行
<ただいま品切です>