「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ふりかえったら 風 1

対談 1968-2005 きたやまおさむの巻

著者
北山修

1967年「帰って来たヨッパライ」の爆発的ヒットから解散まで、わずか9カ月の活動中に、「イムジン河」などメモリアルな曲を生み出し「アングラ・レコード」旋風を巻き起こした伝説のバンド、〈ザ・フォーク・クルセダーズ〉。メンバーで「あの素晴しい愛をもう一度」はじめ数々の心にふれる詞を手がけた北山修はその後、日本語とコミュニケーションの闇=可能性を見つめたいと、精神科医への道を進む。

きたやまおさむ、キタヤマオサム、北山修――3つの名前を使い分けながら、身をもって人の自由な生き方をさぐってきた著者が、60年代から今日までの活動の中で、ジャンルや世代を超え出会ってきた魅力的な人々との対話を集めたベスト版対談集、第1弾。
全3巻


目次


×松生恒夫(ポップ・ミュージック愛好家/消化器専門医)自分自身の物語としてのポップ・ヒーリング・ミュージック/×筑紫哲也(ジャーナリスト/ニュースキャスター)「あとの祭り」を大事にしよう/×アルフィー(ロックグループ)胸ドキ茶話会/×杉田二郎(ミュージシャン)変わり身の早さこそ“若者の美徳”である/酒井和歌子(女優)×ザ・フォーク・クルセダーズ みんな学校へは行かなかった/×寺山修司(詩人/劇作家)若者が「たびだつ」とき/×左幸子(女優)言いたいことが、言えなかった時代/×山中 恒(児童読物作家)“隣組”意識に象徴されるもの
ザ・ビートルズ――遊園地にて/ジャーナリストと精神科医の仕事はよく似ている?


著訳者略歴

北山修
きたやま・おさむ

1946年淡路島生まれ。精神科医、作詞家。’65年、大学在学中に加藤和彦らとともにザ・フォーク・クルセダーズを結成、’67年「帰って来たヨッパライ」が記録的なヒットとなる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ふりかえったら 風 1」の画像:

ふりかえったら 風 1

「ふりかえったら 風 1」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 2,052円(本体1,900円)
ISBN 4-622-07171-1 C0095
2005年11月10日発行

この本を購入する