「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



サバイバル登山家

著者
服部文祥

「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある。絶対的な経験の先にある感情の起伏にこそ、心を物理的に動かしてゆく力がある」。

ハットリ・ブンショウ。36歳。サバイバル登山家。フリークライミング、沢登り、山スキー、アルパインクライミングからヒマラヤの高所登山まで、オールラウンドに登山を追求してきた若き登山家は、いつしか登山道具を捨て、自分の身体能力だけを頼りに山をめざす。
「生命体としてなまなましく生きたい」から、食料も燃料もテントも持たず、ケモノのように一人で奥深い山へ分け入る。南アルプスや日高山脈では岩魚や山菜で食いつなぎ、冬の黒部では豪雪と格闘し、大自然のなかで生き残る手応えをつかんでいく。「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想と、ユニークな山行記が躍動する、鮮烈な山岳ノンフィクション。

「彼の本能むき出しのような行動のなかに、人が山に向かう理由とそのヒントが隠されている気がしてならない。(…)この本を読むと、人間もあくまで動物の一員であるというあたりまえの真実を、思い知らされるにちがいない」 序文・山野井泰史。


目次


序文 服部文祥とその登山……山野井泰史

序章 知床の穴

I サバイバル登山まで
満ち足りた世代
  野遊び/生きる実感/K2登頂/サバイバル登山の源流
肉屋

II サバイバル登山
サバイバル始動
  現地調達の山旅/空腹/三峰川の夜
サバイバル生活術
  シンプルライフ/岩魚釣り/山菜/単独
日高全山ソロサバイバル
  入山/方法論/台風襲来/北部縦走/中部溯下降/襟裳岬へ

III 冬黒部
黒部とは
21世紀豪雪
  北薬師東稜/亀裂/逡巡/生還
三つの初登攀
  中尾根主稜/滝ノ谷/袖ノ稜

日高のあとの話、もしくは少し長いあとがき


著訳者略歴

服部文祥
はっとり・ぶんしょう

1969年横浜生まれ。1994年東京都立大学フランス文学科とワンダーフォーゲル部卒。93年3~4月知床半島全山単独行。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

著者からひとこと

みなさん、こんにちは。『サバイバル登山家』著者の服部文祥(はっとりぶんしょう)です。再びお目にかかれて光栄です。

どうですか、少しは読めるモノに仕上がっていたでしょうか。 ...続きを読む »

書評情報

平山ユージ(プロフリークライマー)
<Pen 2009年8月1日号>
國枝すみれ<毎日新聞 2009年12月4日(金)>
今田幸伸(インタビュー)<朝日新聞 2010年1月22日(金)>
瑛太(俳優)
<ダ・ヴィンチ 2011年11月号>
<読売新聞 2011年10月24日(月)>
<POPEYE 2012年6月号>
<朝日新聞 2013年1月5日(土)>
稲泉連<読売新聞「よみうり堂・もっと熱くなる」 2016年8月14日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「サバイバル登山家」の画像:

サバイバル登山家

「サバイバル登山家」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 2,640円(本体2,400円)
ISBN 4-622-07220-3 C0095
2006年6月19日発行

この本を購入する