「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



見えない震災

建築・都市の強度とデザイン


2005年11月、一建築士による構造計算書偽造の事実(耐震強度偽装事件)が公表されるや、日本全国に衝撃が走った。「モラルなき経済設計」と機能不全の検査体制が、「安全・安心」をもたらすはずの「終の栖」への国民的欲望を逆なでにしつつ、来るべき地震の恐怖を増幅させたからである。その一方で、いわゆる欠陥住宅とは別に、法律違反ではないものの1981年の新耐震設計基準に満たない「既存不適格」物件は、住宅総数のおよそ四分の一にあたる1150万戸と推計されている。つまりは、ヒューザー物件はそれ自身が史上最速のスクラップ&ビルドの実例と化すばかりか、防災名目により繰り返されてきた画一的再開発を助長し、都市の成熟、その持続可能性を導きうるリノベーションやコンバージョンといった道筋を瓦解させかねない。

建築が与うべき強度とは何か。「構造設計」とは何か。「耐震構造」はいかに歴史的に構築されてきたか。阪神大震災の復興過程はどのような経験を蓄積させたのか。さらに「耐震改修」に求められるデザインとは……。建築・都市をその多様性においてとらえるための、意匠・構造設計ほか各分野の専門家による問題提起と考察。図版約80点。


目次


五十嵐太郎「見えない震災」
金箱温春「構造設計とは何か」
青木茂「〈リファイン建築〉からの提言」
竹内昌義「記憶をつなげる耐震改修のデザイン」
南泰裕「不可知の次元――建築と地震をめぐる覚え書き」
倉方俊輔「〈耐震構造〉の歴史」
松原永季「〈建築の強度〉と〈まちの強度〉――まちのリノベーションへ」
松富謙一「ロジモクの将来をめぐって――都心居住としての路地長屋」
佐藤考一「既存建物の活用術――用途変更による建築再生の可能性」
平山洋介「飛び地のランドスケープ」

編者あとがき


著訳者略歴

五十嵐太郎
いがらし・たろう

1967年フランス・パリ生まれ。92年東京大学工学系大学院建築学専攻修士課程修了。博士(工学)。東北大学大学院工学研究科・工学部助教授。建築史、建築批評。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「見えない震災」の画像:

見えない震災

「見えない震災」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 4-622-07233-5 C1052
2006年9月8日発行

この本を購入する