みすず書房

仁科芳雄往復書簡集 3

現代物理学の開拓 大サイクロトロン・ニ号研究・戦後の再出発 1940-1951

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 792頁
定価 19,800円 (本体:18,000円)
ISBN 978-4-622-07263-8
Cコード C3342
発行日 2007年2月28日
オンラインで購入
仁科芳雄往復書簡集 3

太平洋戦争と科学動員、原子爆弾被爆と敗戦、研究復興と占領軍の介入、そして日本科学界の国際復帰へ──未曾有の歴史を科学者たちはいかに生きたのか。その実相を映す貴重な書簡・文書を集成。理研の「ニ号」(原爆)研究については、当事者による報告書を関連資料とともに複眼的に眺めることができる。占領軍によるサイクロトロン破壊事件に関しては、仁科芳雄の記録とGHQの機密文書から、その全経緯をたどる。ほかに、戦後の学界の屋台骨を築いた敗戦直後の学術体制改革に関する文書など。占領軍統治が本邦科学界の復興と国際復帰にもたらした損害と便益、科学者の国境を越えた交流が果たした役割も読み取れる。
科学動員が叫ばれた戦時、本書に現れる主要な科学者たちの多くが、「国防国家」を担う科学者の重責と、自らの基礎研究への情熱との相克を経験した。陸軍の委託を受けて原爆開発研究に携わり、広島に原爆が投下されると「吾々「ニ」号研究の関係者は文字通り腹を切る時が来たと思ふ」と同僚に書き綴った仁科も、一方で連日空襲の続く戦争末期に、執念で大サイクロトロンを動かし続け、実験日誌を残している。
全3巻を締めくくる本書には書簡集全体の流れを整理した解説や年譜を付録。今後、日本の科学史を語るうえで本書簡集収録の資料を避けては通れないだろう。

目次

凡例

936 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/01/04
937 梅田 魁(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/01/10
938 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/01/11
939 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/01/12
940 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/01/22
941 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/01/27
942 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/02/05
943 増田時男(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/02/06
944 三村剛昂(広島文理科大学) → 仁科芳雄 1940/02/08
945 高嶺俊夫・D. M. Dennison(パサデナ,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/02/13
946 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/02/18
947 仁科芳雄 → I. I. Rabi(コロンビア大学,ニューヨーク) 1940/02/26
948 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/03/08
949 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/03/13
950 茅 誠司(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/03/18
951 荒勝文策(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/03/26
952 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/03/26
953 三村剛昂(広島文理科大学) → 仁科芳雄 1940/03/26
954 小林 稔(大阪帝大) → 仁科芳雄 1930/03/29
955 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/03/30
956 宮島龍興(大森区馬込町,東京) → 仁科芳雄 1940/04/03
957 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/04/16
958 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/04/18
959 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/04/18
960 宮島龍興(大森区馬込町,東京) → 仁科芳雄 1940/04/20
961 小林 稔(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/04/21
962 小林 稔(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/04/26
963 仁科芳雄 「アメリカの科学」(『理想』宛原稿の一部)   1940/04/30
964 水島三一郎(東京帝大) → 仁科芳雄 1940/05/02
965 仁科芳雄 「速い中性子によるウラニウム分裂の生成物」(Nature宛原稿)   1940/05/03
966 仁科芳雄ほか4名 「速い中性子によるウラニウムのβ-誘導放射能」(Nature宛原稿)   1940/05[日不明]
967 仁科芳雄 → 大河内正敏(理化学研究所) 1940/05/17
968 仁科芳雄 → 大河内正敏(理化学研究所) 1940/05/17
969 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/05/19
970 仁科芳雄ほか3名 「新気象要素としての宇宙線」   1940/06[日不明]
971 朝永振一郎(札幌) → 仁科芳雄 1940/06/05
972 石原 純(杉並区,東京) → 仁科芳雄 1940/06/05
973 仁科芳雄 → 桐原與喜一(信濃教育会北安曇部会,長野) 1940/06/05
974 桐原與喜一(信濃教育会北安曇部会,長野) → 仁科芳雄 1940/06/08
975 仁科芳雄 → 石原 純(杉並区,東京) 1940/06/10
976 梅田 魁(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/06/11
977 富塚 清(日本航空学会) → 仁科芳雄 1940/06/14
978 仁科芳雄 → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1940/06/15
979 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/06/23
980 増田時男(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/06/29
981 高嶺俊夫(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/07/10
982 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/07/16
983 高嶺俊夫(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/07/20
984 澁澤元治(名古屋帝大) → 仁科芳雄 1940/07/23
985 湯川秀樹(札幌) → 仁科芳雄 1940/07/24
986 小林 稔(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/07/24
987 G. Hevesy(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1940/07/24
988 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/07/25
989 關戸彌太郎(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/07/27
990 仁科芳雄 → I. I. Rabi(コロンビア大学,ニューヨーク) 1940/07/27
991 坂田昌一(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/08/10
992 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/08/11
993 高嶺俊夫(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/08/13
994 藤田信勝(大阪毎日新聞社) → 仁科芳雄,藤岡由夫(理化学研究所) 1940/08/14
995 關戸彌太郎(金沢,石川) → 仁科芳雄 1940/08/15
996 宮崎友喜雄(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/08/15
997 小林 稔(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/08/21
998 關戸彌太郎(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/08/22
999 矢崎為一(浅間丸船上) → 仁科芳雄 1940/08/27
1000 矢崎為一(浅間丸船上) → 仁科芳雄 1940/08/29
1001 矢崎為一(バークレー,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/08/31
1002 矢崎為一(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/09/04
1003 矢崎為一(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/09/07
1004 高嶺俊夫・渡邊扶生・武藤俊之助・矢崎為一・田中善雄・飯盛武夫(オークランド,カリフォルニア) → 仁科芳雄・外御一同(理化学研究所) 1940/09/08
1005 高嶺俊夫(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/09/13
1006 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1940/09/14
1007 杉村 武(東京朝日新聞) → 仁科芳雄 1940/09/17
1008 岡田武松(中央気象台) → 仁科芳雄 1940/09/20
1009 矢崎為一(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/09/20
1010 中村 浩(静岡,中部第三部隊) → 仁科芳雄 1940/09/30
1011 矢崎為一(ロチェスター,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/10/03
1012 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1940/10/05
1013 矢崎為一(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1940/10/12
1014 矢崎為一(プリンストン大学) → 仁科芳雄 1940/10/15
1015 森 規矩夫(旭硝子,兵庫) → 仁科芳雄 1940/10/16
1016 矢崎為一(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1940/10/17
1017 武藤俊之助(プリンストン高等研究所) → 仁科芳雄 1940/10/20
1018 梅田 魁(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/10/25
1019 鶴見三三(名古屋帝大) → 仁科芳雄 1940/10/29
1020 高嶺俊夫(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1940/10/30
1021 矢崎為一(ボストン,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/10/30
1022 仁科芳雄 → 鶴見三三(名古屋帝大) 1940/10/31
1023 坂田昌一(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/10/31
1024 梅田 魁(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/11/02
1025 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/11/11
1026 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/11/20
1027 岡山大介(宇部高等工業学校) → 仁科芳雄 1940/11/21
1028 荒勝文策(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/11/22
1029 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/11/26
1030 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/12/02
1031 増田時男(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/12/13
1032 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1940/12/18
1033 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/12/19
1034 梅田 魁(北海道帝大) → 仁科芳雄 1940/12/22
1035 増田時男(越後湯沢,新潟) → 仁科芳雄 1940/12/24
1036 H. Griggs(カリフォルニア大学,バークレー) → 高嶺俊夫 1940/12/26
1037 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) → 仁科芳雄 1940/12/27
1038 D. Cooksey(カリフォルニア大学,バークレー) → 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) 1941/01/08
1039 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) → 仁科芳雄 1941/01/12
1040 長岡半太郎(帝国学士院,日本学術振興会) → 平井富三郎(商工省総務局) 1941/01/18
1041 仁科芳雄 → 平井富三郎(商工省総務局) 1941/01/21
1042 長岡半太郎(帝国学士院,日本学術振興会) → 小金義照(商工省鉄鋼局) 1941/01/27
1043 仁科芳雄 → 葦澤大義(商工省鉄鋼局) 1941/01/28
1044 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1941/02/02
1045 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1941/02[日不明]
1046 仁科芳雄 → 青木 道(日本アルミニウム鋳物工業組合連合会) 1941/02/04
1047 長岡半太郎(帝国学士院,日本学術振興会) → 青木 道(日本アルミニウム鋳物工業組合連合会) 1941/02/04
1048 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) → 仁科芳雄 1941/02/14
1049 仁科芳雄 矢崎為一学位論文審査報告(草稿)   1941/02/17
1050 仁科芳雄 「宇宙線の話」(『科学人』1941年3月号,記事抜粋)   1941/02/18
1051 小金義照(商工省鉄鋼局) → 理化学研究所所長 1941/02/19
1052 仁科芳雄 → 高杉春太郎(日本銅統制組合) 1941/02/22
1053 仁科芳雄 → 塩田 薫(伸銅統制協会) 1941/02/22
1054 仁科芳雄 → 葦澤大義(商工省鉄鋼局) 1941/02/23
1055 仁科芳雄 → 平井富三郎(商工省総務局) 1941/02/26
1056 湯川秀樹(京都帝大) → 仁科芳雄 1941/02/26
1057 仁科芳雄 → 佐藤武男(商工省化学局) 1941/03/06
1058 仁科芳雄 → 河島平一(錫統制組合) 1941/03/06
1059 高嶺俊夫(ウィルソン山天文台,アメリカ) → 仁科芳雄 1941/03/23
1060 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1941/04/17
1061 水島三一郎(東京帝大) → 仁科芳雄 1941/04/21
1062 多田艮雄(三井物産) → 仁科芳雄 1941/04/28
1063 C. F. von Weizsäcker(カイザー・ヴィルヘルム研究所, ベルリン) → W. Kroll(北海道帝大) 1941/04/29
1064 近衛文麿(大政翼賛会) → 仁科芳雄 1941/05/20
1065 W. Kroll(北海道帝大) → 仁科芳雄 1941/05/27
1066 Kinney Manufacturing Co. Inc. (ニューヨーク) → 三井物産株式会社(ニューヨーク) 1941/05/28
1067 仁科芳雄 ハイゼンベルク40歳記念出版への執筆依頼状   1941/06/03
1068 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1941/06/03
1069 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1941[月日不明]
1070 仁科芳雄 廿日会案内(草稿)   1941/06/05
1071 仁科芳雄 廿日会議案「科学技術新体制の実施」(草稿)   1941/06[日不明]
1072 仁科芳雄 → 土原豊喜(日本電池) 1941/06/07
1073 仁科芳雄 → 小松原隆二(富山高等学校) 1941/06/10
1074 仁科芳雄 → 高橋隆造(富山薬学専門学校) 1941/06/10
1075 仁科芳雄 ハイゼンベルク40歳記念出版に関する連絡   1941/06/15
1076 多田艮雄(三井物産) → 仁科芳雄 1941/07/01
1077 本多光太郎(日本金属学会,東北帝大) → 仁科芳雄 1941/07/07
1078 竹内時男(東京工業大学) → 仁科芳雄 1941/07/07
1079 仁科芳雄 → 竹内時男(東京工業大学) 1941/07/08
1080 仁科芳雄 → 商工省化学局長 1941/07/12
1081 仁科芳雄 → 大村正憲(商工省化学局) 1941/07/12
1082 仁科芳雄,高嶺夫妻,Rosseland夫妻(鎌倉,神奈川) → G. Hevesy(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1941/07/17
1083 仁科芳雄 → 藤澤 信(富士写真フィルム) 1941/07/28
1084 仁科芳雄 → 藤澤 信(富士写真フィルム) 1941/07/30
1085 ゴム購入票交付の通知   1941/08/04
1086 仁科芳雄 → C. F. von Weizsäcker(カイザー・ウィルヘルム物理学研究所,ベルリン) 1941/08/06
1087 仁科芳雄 → 商工省鉄鋼局長 1941/08/06
1088 仁科芳雄 → 別宮貞俊(住友電気工業) 1941/08/08
1089 仁科芳雄 → 東盛真一(横浜電線製造所) 1941/08/08
1090 仁科芳雄 → 大村正憲(商工省化学局) 1941/08/08
1091 仁科芳雄 → 左近司政三(商工省) 1941/08/12
1092 小金義照(商工省鉄鋼局) → 理化学研究所所長 1941/08/13
1093 片山廉一(住友金属工業) → 仁科芳雄 1941/08/13
1094 住友金属工業営業所伸銅品部 → 合資会社三崎本店 1941/08/13
1095 大河内正敏(理化学研究所) → 小金義照(商工省鉄鋼局) 1941/08/14
1096 仁科芳雄 → 平井富三郎(商工省総務局) 1941/08/14
1097 仁科芳雄 → 片山廉一(住友金属工業) 1941/08/16
1098 仁科芳雄 → 藤澤 信(富士写真フィルム) 1941/08/19
1099 仁科芳雄 → 片山廉一(住友金属工業) 1941/08/21
1100 仁科芳雄 『図解科学』第1号刊行のことば   1941/08[日不明]
1101 仁科芳雄 → 波多野貞夫(日本学術振興会) 1941/09/04
1102 長岡半太郎(帝国学士院,日本学術振興会) → 鈴木忠治(昭和電工) 1941/09/04
1103 大河内正敏(理化学研究所) → 東京帝国大学医学部附属病院長 1941/09/05
1104 昭和電工株式会社 → 長岡半太郎(帝国学士院,日本学術振興会) 1941/09/09
1105 仁科芳雄 → 片山廉一(住友金属工業) 1941/09/11
1106 仁科芳雄 → 西川正治(東京帝大) 1941/09/11
1107 仁科芳雄 → 堀 義路(北海道帝大) 1941/09/13
1108 三枝彦雄(東北帝大) → 仁科芳雄 1941/09/15
1109 仁科芳雄 → 片山廉一(住友金属工業) 1941/09/18
1110 住友金属工業営業所伸銅品部 → 仁科芳雄 1941/09/22
1111 仁科芳雄 → 菊池正士(大阪帝大) 1941/09/28
1112 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 [日付不明]
1113 仁科芳雄 → 菊池正士(大阪帝大) 1941/10/04
1114 仁科芳雄 → 西川正治(東京帝大) 1941/10/08
1115 住友金属工業営業所伸銅品部 → 仁科芳雄 1941/10/08
1116 高津 博(科学動員協会) → 仁科芳雄 1941/12/09
1117 廿日会中止の連絡   1941/12/27
1118 仁科芳雄 → 菊池正士(大阪帝大) 1942/01/21
1119 科学技術連合部会結成大会次第   1942/01/24
1120 菊池正士(大阪帝大) → 仁科芳雄 1942/01/26
1121 仁科芳雄 → 菊池正士(大阪大学) 1942/02/04
1122 仁科芳雄 → 内田亮之輔(海軍火薬蔽,舞鶴) 1942/03/12
1123 仁科芳雄 嵯峨根遼吉推薦状   1942/05[日不明]
1124 仁科芳雄 → 別宮貞俊(住友電気工業) 1942/06/18
1125 仁科芳雄 → 伊藤庸二(海軍技術研究所) 1942/06/25
1126 仁科芳雄 → 伊藤庸二(海軍技術研究所) 1942/07/17
1127 仁科芳雄 → 伊藤庸二(海軍技術研究所) 1942/08/01
1128 仁科芳雄 → 片山廉一(住友金属工業) 1942/08/20
1129 仁科芳雄 → 舟津鉄也(住友金属工業) 1942/08/24
1130 住友金属工業営業所伸銅品部 → 仁科芳雄 1942/08/26
1131 三井物産機械部特機課 → 矢崎為一(理化学研究所) 1942/09/03
1132 H. Zachert(日独文化協会) → 理化学研究所 1942/12/04
1133 菊池正士(大阪帝大) → 伊藤庸二(海軍技術研究所) 1942/12/17
1134 竹内 柾 仁科研究室覚え書き IV   1942/12/22–01/15
1135 科学古典叢書(大日本出版)企画表   [日付不明]
1136 財団法人国民学術協会 月例評議員会案内   1943/02/01
1137 竹内 柾 仁科研究室覚え書き V   1943/02/28–03/19
1138 東京陸軍第二造兵蔽 ウラン ニ就テ   1943/04[日不明]
1139 仁科芳雄 U研究打合事項   1943/07/06
1140 仁科芳雄 U研究状況(1)   1944/02/02
1141 井上匡四郎技術院総裁文書   1944/02/02
1142 矢崎為一(上野駅) → 仁科芳雄 1944/04/09
1143 仁科芳雄 タービン油臨時配給申請書   1944/04/11
1144 仁科芳雄 → 平沢嘉正(日本石油) 1944/04/12
1145 仁科芳雄 → 平沢嘉正(日本石油) 1944/08/02
1146 学術研究会議の建議   1944/08/20
1147 仁科芳雄 U研究状況(2)   1944/11/17
1148 仁科芳雄 サイクロトロン実験日誌   1945/01/04–/03/13
1149 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(1)   1945/01/04–/02/07
1150 久保田正雄(野口研究所延岡研究所) → 仁科芳雄 1945/02/08
1151 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(2)   1945/02/08–/02/17
1152 久保田正雄(野口研究所延岡研究所) → 仁科芳雄 1945/02/18
1153 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(3)   1945/02/19–/03/13
1154 久保田正雄(野口研究所延岡研究所) → 仁科芳雄 1945/03/13
1155 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(4)   1945/03/14–/03/18
1156 仁科芳雄 → 石川 正(古河電気工業,日光精銅所) 1945/03/19
1157 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(5)   1945/03/21–/03/23
1158 仁科芳雄 → 久保田正雄(野口研究所延岡研究所) 1945/03/24
1159 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(6)   1945/03/26–/03/29
1160 昭和19年度研究隣組概況報告   1945/03/31
1161 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(7)   1945/04/05–/06/08
1162 仁科芳雄 → 石川 正(皇国第1478工場研究部) 1945/06/08
1163 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(8)   1945/06/10–/06/21
1164 仁科芳雄 → 石川 正(皇国第1478工場研究部) 1945/06/23
1165 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(9)   1945/06/29–/08/07
1166 仁科芳雄 → 玉木英彦(理化学研究所) 1945/08/07
1167 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(10)   1945/08/08–/08/11
1168 中山弘美メモ   1945/08/12
1169 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(11)   1945/08/12–/08/18
1170 仁科芳雄(広島) 採集メモ   [日付不明] 
1171 山崎文男(理化学研究所) 日記抄(12)   1945/08/19–/09/06
1172 研究隣組再出発の経緯   1945[月日不明]
1173 科学技術研究会聯合規約(草案)   1945[月日不明]
1174 K. T. Compton(科学情報調査団,アメリカ太平洋陸軍) → K. S. Tait, R. C. Kramer(GHQ) 1945/09/20
1175 連合軍最高司令官総司令部指令第3号項目8   1945/09/22
1176 大河内正敏(理化学研究所) → D. MacArthur(GHQ) 1945/09/25
1177 F. P. Munson(GHQ) → 日本帝国政府 1945/10/01
1178 仁科芳雄 → 終戦連絡中央事務局総裁 1945/10[日不明]
1179 仁科芳雄 → D. MacArthur(GHQ) 1945/10/15
1180 仁科芳雄 O'Hearn少佐への面会申込票   1945/10/15
1181 R. C. K. 発のメモ   1945/10/16
1182 H. W. Allen(GHQ) → 日本帝国政府 1945/10/17
1183 アメリカ太平洋陸軍総司令部文書 「サイクロトロン稼働再開」   1945/10/19
1184 仁科芳雄 → GHQ 1945/10/20
1185 仁科芳雄 → D. MacArthur(GHQ) 1945/10/23
1186 仁科芳雄 → 廣瀬久忠(東京都長官) 1945/10/26
1187 H. W. Allen(GHQ) → 日本帝国政府 1945/10/27
1188 W. J. Renfroe(アメリカ総合参謀本部) → アメリカ太平洋陸軍前線基地司令官(東京)ほか 1945/10/30
1189 終戦連絡中央事務局 → 仁科芳雄 1945/10/30
1190 連合軍最高司令官総司令部 → 日本帝国政府 1945/11/01
1191 仁科芳雄 → 文部省科学教育局長 1945/11/04
1192 A. E. Britt(アメリカ陸軍工兵隊) → J. W. Martyn(アメリカ陸軍省総務部) 1945/11/07
1193 終戦連絡中央事務局 → 日本帝国政府 1945/11/19
1194 仁科芳雄 「サイクロトロンの破壊」(草稿)   1945/11/20
1195 終戦連絡中央事務局 → 仁科芳雄 1945/11/22
1196 アメリカ太平洋陸軍総司令部文書 「日本の原子研究機器の米軍による破壊」   1945/11/23
1197 アメリカ太平洋陸軍総司令部前線基地(東京) → アメリカ陸軍省(ワシントンD.C.) 1945/11/24
1198 アメリカ戦略爆撃調査団文書   1945/11/28
1199 「日本のサイクロトロン破壊,非難の的」(『星条旗』記事)   1945/11/28
1200 D. MacArthur弁明   1945/11/30
1201 アメリカ太平洋陸軍総司令部前線基地(東京) → アメリカ陸軍省(ワシントンD.C.) 1945/12/03
1202 J. E. Hull(アメリカ陸軍省) → アメリカ太平洋陸軍総司令部前線基地(東京) 1945/12/03
1203 アメリカ太平洋陸軍総司令部前線基地文書(記録のための覚書)   1945/12/03
1204 『星条旗』記事   1945/12/08
1205 仁科芳雄 → D. MacArthur(東京) 1945/12/12
1206 仁科芳雄 研究計画(手書きメモ)   [日付不明]
1207 アメリカ統合参謀本部(ワシントン) → D. MacArthur(東京) 1945/12/15
1208 「Patterson誤りを認める」(『ニッポン・タイムズ』記事)   1945/12/16
1209 仁科芳雄 「声明」(草稿)   1945/12/20
1210 仁科芳雄 要望(手書きメモ)   [日付不明]
1211 篠原健一(九州帝大) → 仁科芳雄 1945/12/20
1212 仁科芳雄 「仁科研究室サイクロトロン破壊の顚末」(草稿,横田喜三郎宛)   1945/12/26
1213 横田喜三郎(東京) → 仁科芳雄 1945[月日不明]
1214 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1945/12/27
1215 増田時男・中根良平・坂田民雄(長崎) → 仁科芳雄 1945/12/28
1216 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/01/05
1217 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/01/05
1218 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/01/06
1219 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/01/07
1220 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/01/14
1221 篠原健一(九州大学) → 仁科芳雄 1946/01/19
1222 宮崎友喜雄(広島) → 仁科芳雄 1946/01/30
1223 増田時男(長崎) → 仁科芳雄 1946/02/01
1224 馬場重徳(科学官) 仁科芳雄功績調書   [日付不明]
1225 篠原健一(九州帝大) → 仁科芳雄 1946/03/04
1226 掛谷宗一(学術研究会議) → 仁科芳雄 1946/03/11
1227 帝国学士院,学術研究会議及日本学術振興会改組に関する建議   1946/03/14
1228 帝国学士院,学術研究会議及び日本学術振興会改組要綱   1946/03[日不明]
1229 仁科芳雄 「日本における科学の振興と規制」(講演原稿)   1946/03/20
1230 執筆者不明の会議記録   [日付不明]
1231 仁科芳雄 → 第8軍司令部(GHQ) 1946/03/27
1232 旧海軍技術研究所における理化学研究所の研究計画   1946/03/27
1233 篠原健一(九州帝大) → 仁科芳雄 1946/03/30
1234 仁科芳雄 → H. C. Kelly, G. W. Fox(GHQ,経済科学局) 1946/04/07
1235 篠原健一(九州帝大) → 仁科芳雄 1946/04/09
1236 E. G. Edwards(陸軍省,ワシントンD.C.) → アメリカ太平洋陸軍総司令官(サンフランシスコ) 1946/05/01
1237 田宮 博,H. C. Kellyほか8名 会議メモ   1946/05/02
1238 GHQ参謀第2部 → 経済科学局科学技術課 1946/05/13
1239 GHQ経済科学局(東京) → GHQ参謀第2部 1946/05/15
1240 GHQ経済科学局特別計画班 → GHQ経済科学局長 1946/05/17
1241 G. Yamashiro(GHQ) 現場からの報告   1946/05/20
1242 GHQ経済科学局 → 日本帝国政府 1946/05/25
1243 GHQ参謀第2部 → GHQ経済科学局 1946/06/04
1244 活動的科学者の連絡組織設立に関する暫定概略計画   1946/06[日不明]
1245 科学渉外連絡会準備会議(第1日)   1946/06/05
1246 GHQ経済科学局科学技術課 日本の科学体制代表への提言   1946/06/05
1247 科学渉外連絡会準備会議(第2日)   1946/06/06
1248 I. I. Rabi(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1946/06/15
1249 仁科芳雄 「新聞と科学記事」(草稿)   1946/06/25
1250 科学渉外連絡会の科学者世論調査   1946/06/26
1251 筆者不明 メモ「要求事項」   [日付不明]
1252 仁科芳雄 → K. T. Compton(マサチューセッツ工科大学) 1946/07/15
1253 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1946/07/15
1254 第25歩兵師団司令部(大阪) → 第1軍団司令官(東京) 1946/08/01
1255 理論物理学研究特別委員会幹事 → 仁科芳雄 1946/08/06
1256 仁科芳雄 → I. I. Rabi(コロンビア大学,ニューヨーク) 1946/09/09
1257 仁科芳雄 → A. H. Compton(ジョージ・ワシントン大学,セントルイス) 1946/09/09
1258 仁科芳雄 → E. U. Condon(国立標準局,ワシントンD.C.) 1946/09/09
1259 仁科芳雄 → H. C. Urey(シカゴ大学) 1946/09/09
1260 仁科芳雄 → H. D. Smyth(原子力委員会,ワシントンD.C.) 1946/09/09
1261 掛谷宗一(学術研究会議) → 仁科芳雄 1946/10/30
1262 学術研究会議第1部長 → 仁科芳雄 1946/10/30
1263 E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1946/10/31
1264 学術研究会議第1部物理学科会 → 各部員 1946/11/01
1265 学術研究会議総会次第   1946/11/29
1266 仁科新所長御挨拶   1946/12/04
1267 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1947/01/03
1268 仁科芳雄 → G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) 1947/01/03
1269 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1947/01/21
1270 極東委員会政策決定   1947/01/30
1271 学術研究会議 → 仁科芳雄 1947/03/05
1272 仁科芳雄 → 東京‐神奈川軍政司令部 1947/03/12
1273 学術研究体制世話人会 委員選出方法   1947/04/02
1274 執筆者不明 「戦後の再編運動の進展」   1947[月日不明]
1275 仁科芳雄 理化学研究所 訓示   1947/05/05
1276 理化学研究所の研究室整理問題に関する通知   1947/05/11
1277 仁科芳雄 → 大河内一男(中央公職適否審査委員会) 1947/05/15
1278 L. Pauling(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1947/05/16
1279 H. C. Urey(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1947/05/20
1280 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1947/05/29
1281 仁科芳雄 手書きメモ   1947[月日不明]
1282 仁科芳雄 → G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) 1947/07/20
1283 仁科芳雄 → Mrs. G. W. Fox(アイオワ州エイムス,アメリカ) 1947/07/20
1284 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1947/12/05
1285 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1948/02/24
1286 仁科芳雄 → 菊池正士(大阪大学) 1948/03/02
1287 仁科芳雄 → D. MacArthur(GHQ) 1948/04/26
1288 W. F. Marquat(GHQ,経済科学局) → 仁科芳雄 1948/06/21
1289 G. Hevesy(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1948/07/06
1290 仁科芳雄 → H. D. Smyth(プリンストン大学) 1948/08/16
1291 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1948/08/16
1292 仁科芳雄 → N. Bohr(プリンストン高等研究所) 1948/08/17
1293 仁科芳雄 → A. Gamow(ジョージ・ワシントン大学,ワシントンD.C.) 1948/08/17
1294 仁科芳雄 → L. Pauling(カリフォルニア大学) 1948/08/17
1295 和田雅美日記   1948/08/23
1296 H. C. Kelly(GHQ,経済科学局科学技術課) → General Marquat 1948/09/03
1297 E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1948/09/18
1298 仁科芳雄 → E. Teller(シカゴ大学) 1948/09/22
1299 L. Pauling(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1948/10/05
1300 E. Teller(原子核研究所,シカゴ大学) → 仁科芳雄 1948/11/12
1301 B. Wulf(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1948/11/30
1302 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1948/12/09
1303 仁科芳雄 → P. A. M. Dirac(ケンブリッジ大学) 1948/12/16
1304 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1948/12/16
1305 E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1949/01/07
1306 G. Gamow(メリーランド州ベセスダ,アメリカ) → 仁科芳雄 1949/02/26
1307 D. W. Bronk(アメリカ学術研究会議) → 仁科芳雄 1949/03/03
1308 H. D. Smyth(プリンストン大学,パルマー物理学教室) → 仁科芳雄 1949/04/21
1309 亀山直人(日本学術会議) → D. MacArthur(GHQ) 1949/05/16
1310 仁科芳雄 → 篠原健一(九州大学) 1949/07/05
1311 M. Forró(聖心バラット大学,アメリカ) → 仁科芳雄 1949/07/06
1312 仁科芳雄 → E. Teller(シカゴ大学) 1949/07/06
1313 H. A. Kramers(ライデン大学,オランダ) → 仁科芳雄 1949/07/10
1314 田島英三(サンフランシスコ) → 仁科芳雄 1949/07/14
1315 田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1949/07/16
1316 田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1949/07/27
1317 E. Teller(ロスアラモス科学研究所,アメリカ) → 仁科芳雄 1949/07/29
1318 仁科芳雄 → 小林 稔(京都大学) 1949/08/06
1319 篠原健一(九州大学) → 仁科芳雄 1949/08/11
1320 仁科芳雄 → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/08/19
1321 仁科芳雄 → D. W. Bronk(アメリカ学術研究会議) 1949/08/22
1322 仁科芳雄 → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/08/26
1323 仁科芳雄 → G. Hevesy(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/08/26
1324 仁科芳雄 → H. A. Kramers(ウーグストヘスト,オランダ) 1949/08/27
1325 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1949/09/03
1326 湯川秀樹・中谷宇吉郎(ニューヨーク) → 仁科芳雄 1949/09/04
1327 仁科芳雄 → M. Forró(聖心バラット大学,アメリカ) 1949/09/08
1328 朝永振一郎・田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1949/09/08
1329 G. Hevesy(有機化学研究所,ストックホルム) → 仁科芳雄 1949/09/15
1330 田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1949/09/21
1331 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → H. C. Kelly(GHQ科学技術課) 1949/09/22
1332 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → D. W. Bronk(アメリカ学術研究会議) 1949/09/22
1333 N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1949/09/22
1334 E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/10/03
1335 仁科芳雄 → N. Bohr夫妻(カールスベリ,コペンハーゲン) 1949/10/08
1336 D. W. Bronk(アメリカ学術研究会議) → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/10/19
1337 H. C. Kelly(GHQ,経済科学局科学技術課) → N. Bohr(理論物理学研究所,コペンハーゲン) 1949/10/19
1338 仁科芳雄 → 坂田昌一(名古屋大学) 1949/10/27
1339 湯川スミ(ニューヨーク) → 仁科芳雄 1949/11/01
1340 仁科芳雄 → 本澤一江(津山,岡山) 1949/11/02
1341 湯川秀樹(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1949/11/05
1342 仁科芳雄 → 湯川秀樹(コロンビア大学,ニューヨーク) 1949/11/08
1343 仁科芳雄 → 湯川スミ(ニューヨーク) 1949/11/08
1344 H. A. Kramers(ライデン大学,オランダ) → 仁科芳雄 1949/11/11
1345 湯川秀樹・湯川スミ(ニューヨーク) → 仁科芳雄 1949/11/24
1346 L. P. Eisenhart(アメリカ哲学会) → A. Barber(GHQ,国際貿易部) 19449/11/29
1347 湯川秀樹(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1949/12/05
1348 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1949/12/23
1349 田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1949/12/24
1350 嵯峨根遼吉(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1950/01/11
1351 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1950/02/11
1352 仁科芳雄 → Detlev W. Bronk(アメリカ学術研究会議) 1950/02/20
1353 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/02/20
1354 仁科芳雄 → G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) 1950/02/20
1355 仁科芳雄 → L. P. Eisenhart(アメリカ哲学会) 1950/02/20
1356 仁科芳雄 → W. J. Robbins(ニューヨーク植物園) 1950/02/20
1357 仁科芳雄 → I. I. Rabi(コロンビア大学,ニューヨーク) 1950/02/22
1358 仁科芳雄 → E. U. Condon(米国国立標準局,ワシントンD.C.) 1950/02/22
1359 仁科芳雄 → H. D. Smyth(原子力委員会,ワシントンD.C.) 1950/02/22
1360 仁科芳雄 → G. Gamow(メリーランド州ベセスダ,アメリカ) 1950/02/23
1361 仁科芳雄 → L. Pauling(カリフォルニア工科大学) 1950/02/24
1362 仁科芳雄 → H. C. Urey(シカゴ大学) 1950/02/24
1363 仁科芳雄 → 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/02/26
1364 W. J. Robbins(ニューヨーク植物園) → 仁科芳雄 1950/02/27
1365 L. P. Eisenhart(アメリカ哲学会) → 仁科芳雄 1950/02/28
1366 仁科芳雄 → J. R. Oppenheimer(プリンストン高等研究所) 1950/02/28
1367 仁科芳雄 → 仁科亭作(岡山) 1950/03/01
1368 米国科学アカデミー 仁科芳雄訪米の告知   1950/03/11
1369 湯川スミ(ニューヨーク) → 仁科芳雄 1950/03/19
1370 E. Fermi(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1950/04/04
1371 荒勝文策・木村毅一(京都大学) → 仁科芳雄 1950/04/25
1372 湯川スミ(ニューヨーク) → 仁科芳雄 1950/04/26
1373 D. W. Stewart(Eastman Kodak Co.) → 仁科芳雄 1950/05/12
1374 仁科芳雄 → 朝永振一郎(プリンストン大学) 1950/05/31
1375 仁科芳雄 → 田島英三(シカゴ大学) 1950/05/31
1376 仁科芳雄 → 坂田昌一(名古屋大学) 1950/06/03
1377 仁科芳雄 → L. P. Eisenhart(アメリカ哲学会) 1950/06/09
1378 田島英三(シカゴ大学) → 仁科芳雄 1950/06/16
1379 I. A. Noonan(アメリカ哲学会) → 仁科芳雄 1950/06/28
1380 仁科芳雄 → H. C. Urey(シカゴ大学) 1950/06/30
1381 仁科芳雄 → H. A. Kramers(ウーグストヘースト,オランダ) 1950/07/06
1382 仁科芳雄 → P. Fleury(国際純粋・応用物理学連合,パリ) 1950/07/06
1383 仁科芳雄 → 梅田 魁(北海道大学) 1950/07/20
1384 仁科芳雄 → 湯川秀樹・湯川スミ(ニューヨーク) 1950/07/21
1385 仁科芳雄 → 坂田昌一(名古屋大学) 1950/07/21
1386 湯川秀樹(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1950/07/31
1387 P. Fleury(国際純粋・応用物理学連合,パリ) → 仁科芳雄 1950/08/04
1388 仁科芳雄 → H. Bradner(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/08/27
1389 仁科芳雄 → R. Fraser(ユネスコハウス,パリ) 1950/08/27
1390 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) → 原子核研究連絡委員会 1950/09/03
1391 仁科芳雄 → 山梨(仙台育英会) 1950/09/10
1392 W. H. Barkas(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1950/09/14
1393 R. Fraser(国際純粋・応用物理学連合,パリ) → 仁科芳雄 1950/09/18
1394 原子核研究連絡委員会宇宙線部会報告   1950/04–09
1395 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) → 原子核研究連絡委員会 1950/09/24
1396 W. H. Barkas(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1950/09/25
1397 仁科芳雄 → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/09/25
1398 仁科芳雄 → L. Pauling(カリフォルニア工科大学) 1950/09/25
1399 H. V. Neher(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1950/10/02
1400 L. Pauling(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1950/10/03
1401 仁科芳雄 → H. C. Kelly(イリノイ州スコキエ,アメリカ) 1950/10[日不明]
1402 仁科芳雄 → N. V. Neher(カリフォルニア工科大学) 1950/10/16
1403 仁科芳雄 → 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/10/22
1404 仁科芳雄 → 久野五十男(受取地不明) 1950/10/22
1405 仁科芳雄 → G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) 1950/10/23
1406 仁科芳雄 → W. H. Barkas(カリフォルニア大学,バークレー) 1950/10/23
1407 E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1950/10/30
1408 W. Heisenberg(マックス・プランク物理学研究所,ゲッチンゲン) → 仁科芳雄 1950/11/03
1409 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1950/11/11
1410 M. Bohr(カールスベリ,コペンハーゲン) → 仁科芳雄 1950/12/17
1411 L. Pauling(カリフォルニア工科大学) → 仁科芳雄 1950/12/28
1412 湯川秀樹(コロンビア大学,ニューヨーク) → 仁科芳雄 1951/01/01
1413 G. W. Fox(アイオワ州立農工大学) → 仁科芳雄 1951/01/02
1414 W. J. Robbins(ニューヨーク植物園) → 仁科芳雄 1951/01/02
1415 嵯峨根遼吉(カリフォルニア大学,バークレー) → 仁科芳雄 1951/01/07
1416 横山すみ(科学研究所) → H. D. Smyth(原子力委員会) 1951/02/27
1417 横山すみ(科学研究所) → E. O. Lawrence(カリフォルニア大学,バークレー) 1951/05/17
1418 執筆者不明 「科研小サイクロトロン再建問題の経過」   1951/06/29
1419 朝永振一郎,玉木英彦(科学研究所) → P. A. M. Dirac(ケンブリッジ大学) 1952/04/08
1420 P. A. M. Dirac(ケンブリッジ大学) → 朝永振一郎(科学研究所) 1952/04/30
1421 朝永振一郎(科学研究所) → P. A. M. Dirac(ケンブリッジ大学) 1952/06/10

解説

仁科芳雄関連年譜
人物紹介
参考文献
書簡・文書執筆者リスト
人名索引
事項索引