「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



劇的な精神分析入門

著者
北山修

「ようやく私のような者でも、〈私〉が生きてここにいることにそれなりの意義があるのだと思える本ができ上がった。この本にオリジナリティがあるとすれば、源は精神分析本来の劇的観点と、精神科医としての経験、そして舞台人としての私のささやかな体験そのものであり、その間にこそ私の個性的な立脚点があるからだ。加えて、症例や私自身の内的世界を詳しく語らないままで、若き日のエッセイや歌詞など、私自身のすでに公開されたところを活用することが、〈私〉に関する問題や視点の提起を容易にさせたのである。つまり、パーソナルコミュニケーションの極致にある精神分析と、マスコミ活動という両立し難いものの接点で私は随分と格闘してきたが、その結果や成果がここに書き込まれていると言える」(「あとがき」より)
今日、精神分析の臨床は、患者やクライエントの症状の意味を分析することから、人が生きることを抱え、共に考え、そして失敗することへとその力点を移している。意識と無意識、外と内、人間と動物、大人と子ども、日本語と外国語、普通と普通でない……〈私〉を分かつ社会の二分法や二重性をこえて、〈私〉が本来の在り方を確保するために。「心の台本を読む」「治療室楽屋論」など、人生の営みを演劇的なものと捉えてみること、そして〈私〉の心の台本に気づき、読み取り、かみしめること。かつて舞台人として楽屋を愛した著者の、独創的で体験的な〈私〉の時代の精神分析論。


目次


はじめに――私が私でいるところ
I 感動と創造性
II 非対面法のすすめ
III 外から内へ、表から裏へ
IV 普通が分かるということ
V 心の台本を読む
VI 治療室楽屋論
VII 劇としての人生
VIII 抵抗劇――治療記録から
IX 治療物語の定番――「傷ついた治療者」
X 動物と人間のあいだに――「見るなの禁止」をこえて/「合い/合わない」が生まれるところ/歌が生まれる――「まんじりともせず」
[付]I 「詩人と空想すること」――芸術家に対するフロイトの羨望、嫉妬と創造性/II 「夕鶴」問題――世話する側の健康、傷つき、そして死
あとがき――一人ひとりの〈私〉のために


著訳者略歴

北山修
きたやま・おさむ

1946年淡路島生まれ。精神分析医。’72年、京都府立医科大学卒業後、札幌医科大学内科研修生を経て、ロンドンのモーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所にて2年研修。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「劇的な精神分析入門」の画像:

劇的な精神分析入門

「劇的な精神分析入門」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-07285-0 C3011
2007年4月9日発行

この本を購入する