「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アーティストは境界線上で踊る<品切>

著者
斎藤環

日本のアート・シーンに、いまなにが起こっているのか。
著者は精神科医として、思春期・青年期の精神病理と向き合ってきた経験をふまえ、ひきこもりからアニメ、文学、アウトサイダー・アートまで、現在進行形の文化現象に鋭く斬り込んできた。本書では、アートを通じて「リアルとは何か」を問いつづけるアーティストたちの、ユニークな創作衝動を抉り出す。
ベテランから若手まで、いまもっとも注目されている23人のアーティストへの、当意即妙のインタビューと、怜悧な作家論・作品論が響きあう。カラーも含めて作品写真をふんだんに盛り込んだ充実のビジュアル。展覧会では経験できない、肉声と批評のコラボレーション。アート・ブックの世界にあらたな事件を引きおこす、待望のクリティック集成。


目次


序論 ヒステリーに抗するアーティスト
草間彌生――象徴の去勢の象徴
できやよい――ロリータ・バロック・できやよい
加藤泉――正しきイマージュの系統発生
中ザワヒデキ――「顔」と「方法」
やなぎみわ――不在の「フェミニズム」
会田誠――ヒューモアとしての美少女論
小沢剛――背中から地蔵になっていくような幸福
木本圭子――エロスと運動のダイヤグラム
ミスター――ヤンキー・ロリコン・ミスター
小谷元彦――伸びる舌のレティサンス
ヤノベケンジ――廃墟に生きる子供のために
山口晃――ポストモダンの形式主義者
鴻池朋子――反復する「不時着」
村山留里子――透明なるアブジェクシオン
田中功起――形式のアイロニーから、ユーモアの形式へ
西尾康之――鏡像としての「死体」
杉本博司――写真の「もどき」
藤幡正樹――フレームとしての「アルゴリズム」
高嶺格――エイリアンによる歓待
八谷和彦――介入美術のアフォーダンス
岡田裕子――物語=関係は無限であることについて
タカノ綾――〈少女〉という透明な媒質
岡崎乾二郎――「非対称性」〈が/を〉もたらす「悟性」
掲載作品リスト
初出一覧


著訳者略歴

斎藤環
さいとう・たまき

1961年岩手県生まれ。精神科医。筑波大学医学研究科博士課程修了(医学博士)。現在、爽風会佐々木病院精神科診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理、病跡学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

鷲田清一<朝日新聞「折々のことば」 2016年9月4日>

関連リンク

この本の関連書


「アーティストは境界線上で踊る」の画像:

アーティストは境界線上で踊る

「アーティストは境界線上で踊る」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07331-4 C0070
2008年2月22日発行
<ただいま品切です>