「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



読書教育<品切>

フランスの活気ある現場から

著者
辻由美



本書で紹介される「読書教育」より。
■パリ読書センターが小学校からの要請を受けて練り上げる「読書アクション」プログラム。学年を超えてグループでテーマ読書をする。先生とセンター職員で指導。
■日本でも話題になってきた「高校生ゴンクール賞」。フランスの芥川賞に当たるゴンクール賞候補作から、高校生が独自に受賞作をえらぶ。多量の新刊本とイベント費用は、フナック書店チェーンが提供。
■老いをテーマにした「クロノス賞」。国立老年学財団が創設した1996年当時は230人だった審査員が10年後には4万人を越えた。幼稚園児から高齢者までのあらゆる世代が参加して6つのセクションで選考。
■町の書店が協力して立ち上げた「アンコリュプティブル賞」。パートナーとなる24の出版社が提案する児童書・少年少女ものから、先生・司書・司書教諭・読書アニメーター・書店の児童書担当者などが選考した本から全国の子どもたちが選んで決める。
■司書教諭が参加希望して毎年おこなわれる「プレス週間」。多数の新聞が図書室に持ち込まれ、キオスク状態になる。それを教材に国語・歴史・地理・市民教育の先生たちが、それをテーマに授業を繰り広げる。


目次

序章 読書アクション パリ読書センター
第1部 高校生があたえる文学賞
第1章 高校生ゴンクール賞とは?
高校生ゴンクール賞の仕組み/クラスの3作、地方の3作、最終選考/高校生ゴンクール賞のメッカ、レストラン「ラ・ショップ」/創設者、ル・ドーズさんは語る/そして20歳をむかえた……
第2章 参加校のプロフィール
2004年度参加、ポール・ドゥメール高校/2005年度参加、ガストン・バシュラール電気技術職業高校
第3章 高校生ゴンクール賞をめぐる人たち
ゴンクール・アカデミー会長、エドモンド・シャルル=ルー/受賞作家から高校生審査員へのメッセージ 2002年度受賞者、ロラン・ゴデ/『ウェスト・フランス』紙、学校担当記者、パトリック・ラ=プレリー/フナック書店
第4章 ゴンクールの出会い
アニタ・コンティ高校の生徒とともに
第2部 子どもたちが選ぶ文学賞
第5章 世代を超えて クロノス文学賞
カッシャン市立図書館の取り組み
第6章 町の書店パワー アンコリュプティブル賞
全国コーディネータ、ジャンヌ・ルソーさんに聞く/受賞作発表までのスケジュール/読書のアニマシオン/受賞作発表大会
終章 司書教諭たちの挑戦


著訳者略歴

辻由美
つじ・ゆみ

翻訳家・作家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「読書教育」の画像:

読書教育

「読書教育」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
定価 2,640円(本体2,400円)
ISBN 978-4-622-07377-2 C0095
2008年4月18日発行
<ただいま品切です>