「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ドラゴンは踊れない<品切>

THE DRAGON CAN’T DANCE


カリブ海はトリニダード・トバゴの首都ポート・オブ・スペインの東に、スラム街ラヴェンティルはある。流れてきたごろつきども、哀しくもたくましい女たちがごった煮のように暮らす場所。ヤードに流れるカリプソのメロディー、そしてスティールパンの響き。
定職ももたず、ひとりの部屋で、オルドリックは年に一度のカーニヴァルで自身が纏う壮麗なドラゴンの衣装をつくって一年のほかの日を過ごしている。ドラゴンにデビル、先住民、奴隷、アフリカの神々や伝説の英雄たち……祝祭の日にマスカレードのキャラクターを演じることは、それらを思い出すこと、伝えること、魂を吹き込むこと、そして、その力を自分たちのものにすること。祖先から受け継がれてきた奴隷制時代の記憶が呼びさまされる。自分たちのルーツを解釈し再演し、抵抗の声をあげよ!
ところが、最近なにかが違う。外国資本の大企業に飼い慣らされたスティールバンド、抵抗の精神という根を引っこ抜かれたカーニヴァル!? オルドリックとスラムのボス、フィッシュアイの破滅的な抵抗が始まる。そして、17歳のシルヴィアとのせつない繋がり……
〈語りの天才〉ラヴレイスの、スピードとリズムに溢れた代表作。


目次


序章
1 バンドの女王
2 プリンセス
3 ドラゴン
4 ごろつき
5 見物人
6 ドラゴンの召命
7 フェット
8 ドラゴンに、男になること
9 灰の水曜日
10 友達と家族
11 新しいヤード
12 厄介者
13 ドラゴンは踊る
14 監獄のダンス
15 ドラゴンは踊れない
16 商店主
17 カリプソニアン

訳注
解説


著訳者略歴

アール・ラヴレイス
Earl Lovelace

トリニダード・トバゴ共和国の作家。トリニダード島のトコに生まれ、幼少期をトバゴ島の祖父母の家で過ごす。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中村和恵
なかむら・かずえ

1966年生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化専攻博士課程中退。現在 明治大学法学部准教授。英語圏旧植民地の比較文化・比較文学および近現代日本文学の比較研究。詩人。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

土屋敦<週刊朝日 2009年4月10日号>
深沢美樹<ミュージック・マガジン 2009年5月号>
富山太佳夫<毎日新聞 2009年8月16日(日)>
中村和恵(明治大教授)
<毎日新聞 2013年1月14日(月)>

関連リンク

この本の関連書


「ドラゴンは踊れない」の画像:

ドラゴンは踊れない

「ドラゴンは踊れない」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
定価 3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-07408-3 C0097
2009年2月10日発行
<ただいま品切です>