「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



臨床瑣談

著者
中井久夫



「〈臨床瑣談〉とは、臨床経験で味わったちょっとした物語というほどの意味である。今のところ、主に精神科以外のことを書こうとしている」
本書は、精神科医としての長年の経験をとおして、専門非専門にかかわりなく、日本の医学や病院やその周辺について「これだけは伝えておきたい」という姿勢で書かれている。多方向からの視線ではあるが、病名を告知された患者側ができる有効なことは何かに主眼がある。

「現代は容赦なく病名を告知する時代である。告知の時代には、告知しただけの医師の覚悟も必要であり、また、告知された患者も茫然たる傍観者ではなく、積極的に何かを行ないたいだろう。患者もその家族、知己も、いつまでも手をつくねてドアの外で待つだけの存在では済むまい」

院内感染を防ぐには患者側はどうすればよいか。脳梗塞の昏睡患者を前にして家族にできることとは。さらにガンを持つ人の日々の過ごし方について、「丸山ワクチン」について――。その実用的な助言は、現代医療批判でもあり、自然回復力の大切さと有限性も視野に入れながら、医学の可能性と限界をくっきりと映しだしている。


目次


まえがき
虹の色と精神疾患分類のこと
院内感染に対する患者自衛策試案
昏睡からのサルヴェージ作業の試み
ガンを持つ友人知人への私的助言
SSM、通称丸山ワクチンについての私見
軽症ウイルス性脳炎について


著訳者略歴

中井久夫
なかい・ひさお

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

中村桂子(JT生命誌研究館館長)
<2008年9月28日:毎日新聞>
佐藤幹夫(フリージャーナリスト)
<2008年9月14日:東京新聞>
苅部直(東京大学教授)
<2008年10月19日:朝日新聞>
小谷野敦(比較文学者)
<:中央公論2009年3月号>
著者インタビュー<:ニッケイ メディカル2010年4月号>

関連リンク

この本の関連書


「臨床瑣談」の画像:

臨床瑣談

「臨床瑣談」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07416-8 C0047
2008年8月21日発行

この本を購入する