「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロラン・バルトの遺産

MEMOIRE D’UNE AMITIE/LES DEUX ORIENTS DE ROLAND BARTHES/LE ROMAN DE ROLAND BARTHES


本書には、バルトをめぐる三つのテクストが収められている。エリック・マルティ「ある友情の思い出」、アントワーヌ・コンパニョン「ロラン・バルトの〈小説〉」そしてフィリップ・ロジェ「ふたつのオリエント」である。いずれもバルトの死から二十年以上がすぎて発表されたが、著者たちの全員が二十代でバルトと知り合い、若き友人となってその晩年を見まもった。
バルト研究の第一人者マルティは、師友との私的かつ知的な回想で初めてバルトの肉声と振舞を語り、コレージュ・ド・フランスで文学を講じるコンパニョンは、バルトによる〈小説〉の準備の軌跡を鮮やかに分析し、ロジェは、近東(ロティのトルコと、その系としてのモロッコ)と極東(日本)の二つのオリエント文化がバルトに与えたものを論じる。弟子=友人としてバルトから直接に受け取ったものを各々が照らしだす、最新にして最良のバルト論集。


目次


まえがき
ある友情の思い出 エリック・マルティ
ロラン・バルトの〈小説〉 アントワーヌ・コンパニョン
ふたつのオリエント フィリップ・ロジェ
訳者解説(石川美子・中地義和)


著訳者略歴

エリック・マルティ
Eric Marty

1955年生まれ。パリの第VII大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
アントワーヌ・コンパニョン
Antoine Compagnon

1950年生まれ。コレージュ・ド・フランス教授。著書『第二の手、または引用の作業』『文芸の第三共和政』『近代芸術の五つのパラドックス』『文学をめぐる理論と常識』『反近代主義者たち』など。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
フィリップ・ロジェ
Philippe Roger

1949年生まれ。フランス国立科学研究所研究指導教授。社会学高等研究院研究指導教授。ヴァージニア大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
石川美子
いしかわ・よしこ

1980年、京都大学文学部卒業。東京大学人文科学研究科博士課程を経て、1992年、パリ第VII大学で博士号取得。フランス文学専攻。現在、明治学院大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中地義和
なかじ・よしかず

1952年生まれ。1976年、東京大学教養学科卒業。1985年、パリ第III大学で博士号取得。1986年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

塚本昌則(東京大学大学院准教授・フランス文学専攻)
<週刊読書人 2009年3月号>

関連リンク

この本の関連書


「ロラン・バルトの遺産」の画像:

ロラン・バルトの遺産

「ロラン・バルトの遺産」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/264頁
定価 4,536円(本体4,200円)
ISBN 978-4-622-07433-5 C1010
2008年12月18日発行

この本を購入する