「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロスコ 芸術家のリアリティ

美術論集

THE ARTIST’S REALITY


現代抽象絵画を代表する作家マーク・ロスコ(1903-70)。
様々な色の矩形が浮かぶ独自の様式に至る以前、ロスコ自ら綴った草稿を編んだのが本書である。1940年代前半、自身の芸術がいまだ確立しない苦しみの中にあったロスコは、一時的に絵筆を置き、それに替えてペンを執った。そこに残されたのは、画家としてではなくオブザーバーとして造形芸術を語り、現代と古代のあいだをわたりながら記された、美術の〈リアリティ〉の系譜である。
数年後に再び画布に向かった時、彼の作品は、現在ロスコの到達点として認められる純粋な抽象画へと変化を遂げる。挫折であると同時に、ロスコがロスコになる転回点ともなった時代の貴重なテキスト――死後永らく埋もれていた草稿が今、60余年の時を経てその息子の手によって甦る。


目次


謝辞

図版

芸術家のジレンマ
自然な生物学的作用としての芸術
行動の一形式としての芸術
造形過程の統一的全体性
芸術、リアリティ、官能性
個別化と一般化
ルネッサンス以来の一般化
情動的で劇的な印象主義
客観主義的印象主義
造形性
空間

自然主義
主題と題材
神話
現代の神話獲得の試み
未開文明のモダン・アートへの影響
モダン・アート
プリミティヴィズム
国民芸術

訳者あとがき
事項索引
人名索引


著訳者略歴

マーク・ロスコ
Mark Rothko

1903年、ロシア(現ラトヴィア)のドヴィンスクに生まれる。1913年に家族とともにアメリカへ移住。1923年よりニューヨークに居を移し、当地で抽象表現主義の代表的な作家として制作を続けた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
クリストファー・ロスコ
Christopher Rothko

1963年、マーク・ロスコと二番目の妻メルとの間に生まれる。精神療法士、作家。現在、ニューヨーク在住。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中林和雄
なかばやし・かずお

1961年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。現在、東京国立近代美術館企画課長。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<日本経済新聞 2009年3月29日(日)>
高村薫(作家)
<朝日新聞 2009年4月5日(日)>
林寿美(川村記念美術館学芸員)
<図書新聞 2009年6月6日(土)>
栗田大輔<美術手帖 2009年4月号>

関連リンク

この本の関連書


「ロスコ 芸術家のリアリティ」の画像:

ロスコ 芸術家のリアリティ

「ロスコ 芸術家のリアリティ」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/240頁
定価 6,048円(本体5,600円)
ISBN 978-4-622-07435-9 C1071
2009年2月18日発行

この本を購入する