「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



問う力<品切>

始まりのコミュニケーション

著者
長田弘

「この人の話を聞いてみたい」と誰でも思うような、第一線で活躍中の人たち11人と、詩人・長田弘の対談。
あべ弘士/岡田武史/ピーター・バラカン/国谷裕子/キム・ソナ/是枝裕和/桂歌丸/猪口邦子/キム・ジョンハク/瀬戸内寂聴/隈研吾。みんな、コミュニケーションのあり方を考えぬいてきた人たちだ。
長田弘と初対面の人がほとんど。長時間じっくりと話し込む。いままでどこにも書かれなかった、とっておきのテーマや、新鮮な発言が飛び出す。
2005-2008年に電通ウェブマガジン、COMMUNICATION INQUIRIES WEB MAGAZINEで、限られた読者に発信された連載の単行本化。コミュニケーションとは、「みずから問う」、そして「みずからを問う」ことに不断に支えられる(長田弘)。それを考えるためのヒントがいっぱい詰まっている。


目次


あべ弘士(絵本作家、1972-97年 旭川市旭山動物園に飼育係として勤務)/長田弘
動物園はコミュニケーションのあり方を知る場所である

岡田武史(サッカー日本代表監督)/長田弘
サッカーからコミュニケーションのあり方を考える

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)/長田弘
ロックがつくったコミュニケーションのかたち

国谷裕子(キャスター、NHK「クローズアップ現代」)/長田弘
テレビ(ニュース)は「記憶」をつくるコミュニケーション

キム・ソナ(女優、2005年『私の名前はキム・サムソン』で話題に)/長田弘
同時代のコミュニケーションの場を差しだすドラマ

是枝裕和(映画監督、『花よりもなほ』『歩いても 歩いても』)/長田弘
「もう一つの」世界へのコミュニケーション――映画

桂歌丸(噺家、落語芸術協会会長)/長田弘
落語は対話である、コミュニケーションの粋である

猪口邦子(2002-04年 ジュネーブ軍縮会議特命全権大使、2005年衆議院議員)/長田弘
軍縮はプロセスがコミュニケーションそのものである

キム・ジョンハク(ドラマ演出家・プロデューサー、『砂時計』『太王四神記』)/長田弘
ドラマが生む国境を越えるコミュニケーション

瀬戸内寂聴(作家、比叡山禅光坊住職)/長田弘
世阿弥の晩年にコミュニケーションの逆説を読む

隈研吾(建築家、慶應義塾大学理工学部教授)/長田弘
人びとのあいだにコミュニケーションの場を育む建築


著訳者略歴

長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市に生まれる。1963年早稲田大学第一文学部卒業。1971-72年北米アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人。毎日出版文化賞(82)桑原武夫学芸賞(98)講談社出版文化賞(2000)などを受賞。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<聖教新聞 2009年5月13日>

関連リンク

この本の関連書


「問う力」の画像:

問う力

「問う力」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/360頁
定価 3,080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-07441-0 C0095
2009年2月25日発行
<ただいま品切です>